タグ:スキー ( 45 ) タグの人気記事

SALOMON LORD





さて、これからどんな体験をさせてくれるでしょーか?
旧モデルなんですけどもね。
今期モデルも全く同じものなので、安心です。



a0022655_828246.jpg


長さは185センチ
トップ幅は128ミリ
センター幅は87ミリ
テール幅は115ミリ

カテゴリー的には、セミファットといったところでしょうか?
まあ、ホンモノのファットは、ATOMIC POWDER PLUSが現役なんですけどね。

そして、人生初のツインチップ、ロッカー構造です。
後ろを滑る人、ゴメンね!

そもそも、この板との出会いは2009年のヒマラヤ主催の高鷲スノーパークでの試乗会でした。
すでに滑走感覚に魅了されてしまいましたが、ヒマラヤは店頭販売しない、ということでしたが、アメリカで見つけて、持ち帰ってきました。
自分のポリシーとして、試乗してないスキー板は購入しない、というのがあるのです。

ビンディングは、サロモンではなく、マーカーのDUKEです。しかも日本未発売のLサイズです。ブーツのソール長がそもそも長いので・・・

ビンディングはWJ師匠から頂いてしまいました。山歩きもヒールフリーで楽々です。





取り付けに関しては、今回は何も購入してないヒマラヤ本館のK西クンにお願いしました。

a0022655_10443760.jpg


関係者各位、本当にありがとうございました!!

早速、土曜日からこの板と一緒に新しい人生をスタートさせます。
[PR]
by takas1961 | 2011-01-13 08:23 | スキーマテリアル | Comments(2)

a0022655_15304417.jpg


例年どおり、12月4日のダイナランドオープニングに行ってきました。
リフト営業開始日に行くのは、もう何年もやっている自分だけの行事みたいなもんです。

長良川堤防道路の一部が延々と工事で通行止めなので、今シーズンはちょっと違うルートで走っていくことになりました。

新しい橋ができていて、進入路が変わっているという事前情報にも関わらず、行き過ぎてしまいました。
「ダイナランド宿泊街」なんて書いてあるんで、次の看板だと思い込んでいたのは単にそそっかしいワタシだけでしょうか???
雰囲気としては、進入の仕方はウィングヒルズなどに向かうのと同等になっています。

高速使わないでも2時間かからなかったのはいつもどおりです。

到着した午前7時ちょいすぎには、すでに立体駐車場の1Fになっていました。
リフト一本しか動かないのに、これでは先が思いやられました。

着替えの中にセンターハウスに荷物をガサガサ持って入っていくと、顔なじみのスタッフの皆さん何人かに遭遇しました。今シーズンもよろしくお願いします、とご挨拶できました。

リフトそっちのけで、お汁粉サービスのイベントに参加して、滑る前から栄養補給です。
a0022655_15324647.jpg

a0022655_15331765.jpg


フツーのスキーだけでは、退屈してしまうことは明らかだったので、モノスキーも持参して、さくさくと滑ってきました。
a0022655_15393330.jpg

雪は見かけ倒しで、結局人工雪と周辺の積雪で雰囲気だけは充分というだけでしたね。
全面滑走まではまだ全然足りません。

a0022655_154055.jpg

お昼はもらったクーポン券を利用して差額200円でこんなの食べてきました。
a0022655_1538299.jpg

いちおう、コケたら撤収と決めていたら、お昼を済ませてから2本目ぐらいで、ボードのオネーちゃんにぶつかられてしまって、なんと転倒!
ぶつかられても自分だけはシッカリと立っているのが当たり前だと思っていたので、軽いショックです。

ゲレンデマジックにダマされないぞ、と思いながら、カワイイ子だった(脳内妄想)ので、大丈夫ですと伝えて、とっとと逃げるように滑っていったのですが、右のスネには名誉の負傷!
擦りむいたような後になってしまいました。あ~あっ。
歳食っているとキズの治り遅いんですけど、何か?

帰りは湯の平温泉の回数券が残っていたので、ゆったりと汗を流してきました。
キズもちょっとだけ癒されたはずです。
今シーズンもお世話になります~

次回は11日予定です。
高鷲スキーパークもいよいよオープンするでしょう。
[PR]
by takas1961 | 2010-12-06 07:21 | 奥美濃 | Comments(6)

川場スキー場に続いて、滋賀県の箱館山スキー場ジェイマウンテンズグループから離脱することがわかりました。

a0022655_105592.jpg


どちらのスキー場も近隣のスキー場を利用したことがあっても、実際に行ったことはありません。

箱館山は、もともとは西武系だったのですが、知っているだけでこれで経営会社が3社目ということになります。

ちなみに、川場は、北志賀竜王スキーパークや鹿島槍を経営する日本駐車場開発のグループに、箱館山は、国境高原などを経営するマックアースパークが営業を引き継ぐことになっています。
マックアースパークの社長さんのブログはなかなか興味深いです。

ダイナランド、高鷲スノーパーク、ひるがのの奥美濃の3スキー場により一層注力されることを強く期待しています。

さて、いよいよ4日からダイナランドがオープンします。
初日は当然のごとく、足を運びます。
皆さん、現地でお会いしましょう!
[PR]
by takas1961 | 2010-11-30 07:54 | Comments(0)

日本スキー発祥100周年

a0022655_7593025.jpg


あちこちで関連イベントが行われるようです。
公式サイトも知らない間にオープンしていました。
さて、どんなシーズンになるのでしょうか。
[PR]
by takas1961 | 2010-11-24 08:01 | Comments(0)

初立山!

何事も、物事には初めというものがあります。
良いメンバーに恵まれて、初挑戦する機会がありました。
今までは近くて遠い立山がイッキに近くなってしまいました。

ケーブルカーは午前8時10分、始発から2本目の乗車でした。
バスが途中トラブルありましたが、順調に室堂に到着、その後雪の上を移動して滑走です。
たくさん汗を流した分、濃い滑りができたのは言うまでもありません。

毎年の恒例になりそーです!



a0022655_15393741.jpg


a0022655_15401440.jpg


a0022655_1544949.jpg


a0022655_15451020.jpg






日帰りだけでは滑れない場所が多数ありますが、最初にしては上出来ではないでしょーか?

後藤プロにまで偶然お会いしてしまいました。ビックリ!
[PR]
by takas1961 | 2010-11-22 08:20 | Comments(2)

R32の車検引取の前に、ちょっとアウトレットに行ってきました。
別のモノを物色中だったのですが、そこで見つけたウェアをゲットしてしまいました。

a0022655_19374639.jpg


ゴールドウィン取り扱いですが、日本でのライセンス生産品ではありません。
インポート品なので、Lサイズでもバッチリです。
旧モデルには違いないのですが、充分役目は果たしてくれます。
これと同一シリーズのパンツも併せてゲットです。

マルチレイヤーで着ないとダメなんでしょうけど、ちょっと心配になってしまうぐらい薄手のものです。
このあたりは、某師匠にしっかりとレクチャー頂きたいところです。

とりあえず能書きだけ観てみると

• Full-stretch Helly Tech® O2 construction
• YKK AquaSeal® waterproof front zip
• Jacket-to-pant zipper interface
• Removable snow skirt
• Welded TPU reinforcements throughout
• Water-resistant welded pit zips
• RECCO® reflector

と多彩です。
肩のプロテクターはリュックを背負ったときの保護のようです。

さて、このウェアで今シーズンはどこ滑りましょうかねぇ~?

って、だいたい決まっているんですけどね。
[PR]
by takas1961 | 2010-11-07 19:42 | スキーマテリアル | Comments(2)

実は初滑りしてきました

10月30日オープンの奥美濃エリアのスキー場は2箇所ありました。
鷲ケ岳ウィングヒルズのどっちにしようか、1週間ぐらい前から悩んで、結局ウィングヒルズに行ってきました。

a0022655_8324925.jpg


a0022655_833838.jpg


a0022655_8332150.jpg


台風の影響を懸念した人が多かったようで、びっくりするぐらいガラガラでした。
実際にはほとんど雨も降らずに快適な1日を過ごすことができました。

おかげで短い時間で充分すぎるぐらい滑ってくることができました。
翌日は筋肉痛で大変だったのは言うまでもありません。
[PR]
by takas1961 | 2010-11-02 08:24 | 奥美濃 | Comments(0)

ほぼ2カ月ぶりの乗鞍

6月は結局スケジュールや天候の具合で行けませんでしたが、まるっと2カ月ぶりに乗鞍に行ってきました。

a0022655_16563613.jpg

シーズン始まりは10月24日のウィングヒルズだったので、もし先月行ってたら、今回で10カ月連続スキーだったんですけどネ。

高速利用でしたが、途中高鷲~荘川区間が通行止めだったので、やまびこ街道経由で、荘川まで移動して、ふたたび高速に乗りました。この場合、料金どうなるんでしょうねぇ?

ゆっくり出たので、朴の木のシャトルバスに乗れたのは10時すぎでした。
畳平に到着してから準備をして、板を担いで肩の小屋方面に向かいました。
a0022655_1736665.jpg

標高2700mはフリスコの街と同じなんですけども、緯度が違うためでしょうか、しんどかったです。
単におっさんになったから??

去年のドロップポイントから、観光客にも煽られて滑り出そうとしたら、巡視員に注意されました。雷鳥の産卵期で雪が少ないからダメだと。確かに体毛の色が灰色になってきている雷鳥がいました。

で、ふたたびテクテクと肩の小屋近くまで移動再開。

ここからはロング滑走1本目です。
a0022655_522497.jpg


大雪渓には、モーグルやっているグループや、試乗会(?)、そして基礎系の人たちと少なくない人で溢れていました。
a0022655_5271888.jpg


2本目滑ったところで、雨がポツポツとしてきました。
去年みたいに畳平まで道路沿いで歩くのはさすがにしんどかったので、バス270円也を払うつもりで延々とバスを待ちました。
1時間に1本しかバスがないので、延々と40分ぐらい待っていましたが、幸いほとんど雨には降られなかったのはラッキーとしかいいようがありません。
バスに乗って移動開始した瞬間にざ~っと大降りに。それでも果敢に滑っている人たちには感心するしかありません。
畳平から朴の木までのバスは行ったばかりで、バス停前で並ぶしか方法がありません。
帰りのバスは30分ぐらい待っていたら登場、なんと板が乗せられない構造だったので、バスの中に板など荷物一式を持って乗るハメになりました。

平湯の森でゆっくり温泉に入って、ヒラノグラーノで美味しいディナーをいただいて、帰宅の途に着きました。

さて、8月は雪あるのでしょーか?
[PR]
by takas1961 | 2010-07-14 07:48 | Comments(2)

上映館がかなり限られている、というか単館上映みたいですが、上映されます。
その名もフローズン
公式サイトはないみたいなので、詳細な情報はココから観てください。

(公式サイトがオープンしました。)




しかし、これだけで90分とか100分とかハナシの展開が持つのでしょうか?

オープンウォーターみたいな放置プレイ作品なわけですが、観てみたいのは確かです。



だいたいアメリカのスキー映画というと、Hot Dog...The Movieみたいに、濡れたTシャツ大会とか、あまり本編とは関係のないお色気シーンで水増ししてるんですけどねぇ~



この映画の影響でワタシはスコーバレーに2回行ってしまいました。
[PR]
by takas1961 | 2010-05-28 07:57 | Comments(0)

今期初乗鞍!

a0022655_1129336.jpg

行ってきました、滑ってきました、乗鞍!
毎年、曜日に関係なく5月15日に冬季通行止めが解除される乗鞍スカイラインを利用して、乗鞍まで行ってきました。それもオープン初日に!

マイカー規制が施行される前だったら、1週間ぐらい前からオープンマニア(?)が並んでいたのを警戒して避けていたのですけどね。
さすがにシャトルバスではそこまで混雑しないであろうと踏んで行ってきたのです。
まあ、初がつおか、ボジョレーヌーボーを楽しむといったことと類だと理解してください。

a0022655_11301593.jpg


a0022655_11304630.jpg


去年はもうちょっと遅い時期でしたが、さすがに5月中旬、雪はまだまだたっぷり!
それどころか、木~金曜日に積雪があったのでオープンが危ぶまれたぐらいでした。
a0022655_11311825.jpg

今回は身軽な単独犯行だったので、すっかり気も緩んで自宅を出たのは6時ちょい前でした。
高速使えるようになってから高山も近いものです。高山インター降りたのが7時少しすぎで、朴の木平駐車場に到着したのは8時すこし前でした。さすがに始発のバスには間に合いませんでした。

往復2200円也のシャトルバスでの移動は、片道約40分です。畳平駐車場で降りて、準備をしてからは鶴ヶ池駐車場方面に移動しました。
長野側と違って、鶴ヶ池の雪渓は最初にハイクアップしなくても済むというメリットと、何よりもこの時期じゃないと雪が残っていないので滑走できないのです。
先客が1名いらっしゃっただけですが、まずは長めに滑ってみました。滑った分は自分の足で取り戻さないといけない難行苦行がここからスタートです。
a0022655_11315771.jpg

新型ブーツとシールのおかげでかなり楽をさせてもらえましたが、最初の1本はやはりキツかったです。
まさに骨身に染みるといったところでしょうか。
途中、フランススキー学校ご一行8名がいらっしゃいました。後藤校長には滑っている様子をビデオ撮影していただきました。恐縮です (^_^;
老体にムチ打って最初から飛ばすといけない、てなわけで、数本滑って、登ってから、ほぼ12時でアップして引き返す準備をしちゃいました。

バス停まで戻っていくと、振る舞い酒が!
マス酒の升までいただける、ということで・・・・。
a0022655_11323281.jpg


駐車場についた時点でほぼ午後1時だったので、久々に高山でのウマイピザはココ!ということでヒラノグラーノまでひとっ飛びです。

朝とは違って、道路はちょっと渋滞していた箇所もあったので、到着はラストオーダーギリギリの時間になってしまいました。高山の街での信号待ちでは、板を積んだヘンなクルマという目で観光客の皆さんにジロジロ見られてしまいましたけどね。

久々の来店ですが、マスターの平野さんにはにこやかに出迎えていただけました。
ランチ以外にもぜひ寄りたいお店です。

a0022655_11325892.jpg

a0022655_11333131.jpg

a0022655_11335718.jpg


その後、毎度お馴染みの留之助商店でくつろいでいると、カミサンから早よ帰ってこい命令電話が!
で、ご機嫌とり(?)で高山のみたらしだんごを買って帰宅の途に着きました。
高速利用で自宅まで2時間かからない、というのはスバラシイですねぇ~。
電話かかってこなかったら、せせらぎ街道を通って、途中で吾平もちでも食べてきたんですけどね!

また次回~

(写真はすべてiPhone3GSで撮影したものです)
[PR]
by takas1961 | 2010-05-19 07:21 | Comments(2)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30