61~70本

ローマの休日
タイタンの戦い 3D 字幕版
パリより愛をこめて
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲
昼下がりの情事
グリーン・ゾーン
レギオン
処刑人II
アリス・イン・ワンダーランド 3D 字幕版
プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 字幕版

プリンス・オブ・ペルシャ フラッシュ版ゲーム

[PR]
by takas1961 | 2010-05-29 07:43 | Comments(0)

上映館がかなり限られている、というか単館上映みたいですが、上映されます。
その名もフローズン
公式サイトはないみたいなので、詳細な情報はココから観てください。

(公式サイトがオープンしました。)




しかし、これだけで90分とか100分とかハナシの展開が持つのでしょうか?

オープンウォーターみたいな放置プレイ作品なわけですが、観てみたいのは確かです。



だいたいアメリカのスキー映画というと、Hot Dog...The Movieみたいに、濡れたTシャツ大会とか、あまり本編とは関係のないお色気シーンで水増ししてるんですけどねぇ~



この映画の影響でワタシはスコーバレーに2回行ってしまいました。
[PR]
by takas1961 | 2010-05-28 07:57 | Comments(0)

今期初乗鞍!

a0022655_1129336.jpg

行ってきました、滑ってきました、乗鞍!
毎年、曜日に関係なく5月15日に冬季通行止めが解除される乗鞍スカイラインを利用して、乗鞍まで行ってきました。それもオープン初日に!

マイカー規制が施行される前だったら、1週間ぐらい前からオープンマニア(?)が並んでいたのを警戒して避けていたのですけどね。
さすがにシャトルバスではそこまで混雑しないであろうと踏んで行ってきたのです。
まあ、初がつおか、ボジョレーヌーボーを楽しむといったことと類だと理解してください。

a0022655_11301593.jpg


a0022655_11304630.jpg


去年はもうちょっと遅い時期でしたが、さすがに5月中旬、雪はまだまだたっぷり!
それどころか、木~金曜日に積雪があったのでオープンが危ぶまれたぐらいでした。
a0022655_11311825.jpg

今回は身軽な単独犯行だったので、すっかり気も緩んで自宅を出たのは6時ちょい前でした。
高速使えるようになってから高山も近いものです。高山インター降りたのが7時少しすぎで、朴の木平駐車場に到着したのは8時すこし前でした。さすがに始発のバスには間に合いませんでした。

往復2200円也のシャトルバスでの移動は、片道約40分です。畳平駐車場で降りて、準備をしてからは鶴ヶ池駐車場方面に移動しました。
長野側と違って、鶴ヶ池の雪渓は最初にハイクアップしなくても済むというメリットと、何よりもこの時期じゃないと雪が残っていないので滑走できないのです。
先客が1名いらっしゃっただけですが、まずは長めに滑ってみました。滑った分は自分の足で取り戻さないといけない難行苦行がここからスタートです。
a0022655_11315771.jpg

新型ブーツとシールのおかげでかなり楽をさせてもらえましたが、最初の1本はやはりキツかったです。
まさに骨身に染みるといったところでしょうか。
途中、フランススキー学校ご一行8名がいらっしゃいました。後藤校長には滑っている様子をビデオ撮影していただきました。恐縮です (^_^;
老体にムチ打って最初から飛ばすといけない、てなわけで、数本滑って、登ってから、ほぼ12時でアップして引き返す準備をしちゃいました。

バス停まで戻っていくと、振る舞い酒が!
マス酒の升までいただける、ということで・・・・。
a0022655_11323281.jpg


駐車場についた時点でほぼ午後1時だったので、久々に高山でのウマイピザはココ!ということでヒラノグラーノまでひとっ飛びです。

朝とは違って、道路はちょっと渋滞していた箇所もあったので、到着はラストオーダーギリギリの時間になってしまいました。高山の街での信号待ちでは、板を積んだヘンなクルマという目で観光客の皆さんにジロジロ見られてしまいましたけどね。

久々の来店ですが、マスターの平野さんにはにこやかに出迎えていただけました。
ランチ以外にもぜひ寄りたいお店です。

a0022655_11325892.jpg

a0022655_11333131.jpg

a0022655_11335718.jpg


その後、毎度お馴染みの留之助商店でくつろいでいると、カミサンから早よ帰ってこい命令電話が!
で、ご機嫌とり(?)で高山のみたらしだんごを買って帰宅の途に着きました。
高速利用で自宅まで2時間かからない、というのはスバラシイですねぇ~。
電話かかってこなかったら、せせらぎ街道を通って、途中で吾平もちでも食べてきたんですけどね!

また次回~

(写真はすべてiPhone3GSで撮影したものです)
[PR]
by takas1961 | 2010-05-19 07:21 | Comments(2)

51~60本

ウルフマン
フィールド オブ ドリームス
ロミオとジュリエット
渇き
ある日どこかで
17歳の肖像
てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
運命のボタン
のだめカンタービレ 最終楽章 後編



何といっても、最大の収穫は「ある日どこかで」を29年ぶりに映画館で観ることができたことです。
午前10時の映画祭には感謝!!
[PR]
by takas1961 | 2010-05-14 07:16 | Comments(0)

ものは試しとばかりにかけてみたところ、アッサリと再生してしまいました。アナログ音声出力からちゃんと出力されるのです。
マニュアルを観ても、dts-CDに関する記述はありませんでしたが、表示でもちゃんとdts-CDとされるようになっています。
まあ、マイナーな仕様なので、デモ盤ばかりなんですけども、コレがうれしい人は限られているでしょう。
a0022655_14435988.jpg


また、HDCDも再生できます。ジャケットに表示されてなくても、実はHDCDという製品も何枚か持っていたことに気がつきました。いわゆる隠れHDCDなわけです。ヨーロッパの輸入盤に多いみたいですね。

HDCDは通常のDVDプレーヤーなどでは普通に再生可能ですが、dts-CDはノイズ音としてしか再生できません。わからないフォーマットのメディアは無理に再生させないようにしないとシステム自体に物理的な破壊をもたらすことがあります。充分、取扱には注意してください。

SACDはもともとDVP-S9000ESで再生していたのですが、マルチオーディオには対応していなかったので、初めて5.1CH再生することが可能になってしまいました。
意外としっかりした音が出てくれたのはうれしい誤算でした。
画面にはちゃんとディスク情報が表示されるようになっています。

a0022655_14463324.jpg


浜田省吾もボックスで出たハイブリッド盤4枚のみです。もっと出してくれてもいいと思うんですけどねぇ~
[PR]
by takas1961 | 2010-05-11 07:20 | DVD/LD/BD | Comments(2)

a0022655_179145.jpg

市販のMODキットを購入して取り付けをしました。
PICかAVRの20ピンパッケージのマイコンを利用しているようですが、詳しいことは調べませんでした。
ebayぐらいでしか買うことはできないと思います。
以下の改造作業は、本体電源をコンセントから必ず切ってから行うようにしてください。
また、当然ですが、改造前の本体がキチンと動作することを確認はしておきましょう。

必要な工具はプラスドライバーのみです。

本体横の左右2箇所ずつと、リアパネル側の4箇所の合計8本のビスを外します。
蓋は上に約30度引っ張りあげた状態で簡単に外すことが可能です。
下の写真は改造前の状態です。
a0022655_17952100.jpg


その状態でフロントパネルに接続されているコネクタを抜きます。できれば電線部分を持たないでハウジング部を直接持って作業することをオススメします。
差し込む方向に注意して、基板上のコネクタに戻します。
改造完了は下記のとおりです。
a0022655_17104080.jpg

a0022655_1822016.jpg

基板の固定は両面テープの保護紙を剥がして行うだけです。テキトーに配置してください。

キチンと蓋を元通りにしたら、ケーブルもしっかりと元通りに接続して、最後に電源コンセントを入れます。
入れたとたんに、ピーっという音が鳴るはずです。
ならなければどこかに間違いがあるはずです。大急ぎでコンセントを抜いて、再度バラして確認してみてください。
無事、ビープ音がなったら、その時点でDVDはリージョンオールになっています。
ブルーレイはリージョンAになっています。

通常、ほとんどのDVDはそのままでどんな国のものでも再生できるはずです。ヨーロッパのPAL方式のものでもちゃんとNTSCに変換して再生してくれるからたいしたものです。

手持ちのリージョン2、リージョン2のPALディスク、リージョン1、リージョン3でリージョン変更がちゃんとできていることは確認しました。
一部の市販DVDでは、ちゃんとリージョン設定しないと全く再生できないものも存在します。そういった場合は、リモコンの赤いボタンを長押ししてみてください。ピーっという音が断続して鳴るはずです。
リージョン1(北米)にしたいときは、リモコンボタンの1を押します。すると、ブザーが1回鳴って止まります。
それから、一度リモコンで電源を切って、再度投入します。それでリージョン1専用機になります。
同様に2(日本、ヨーロッパ)にしたい場合は、赤いボタンを長押ししてピーという音が断続して鳴りはじめたら2を押します。音は2回鳴ります。
同様にリージョンは1~6が設定できるはずです。
リージョンオールにしたい場合は0を押せばOKです。


ブルーレイのリージョンはA、B、Cの3種類があります。
北米、日本はAなので、これを変更する必要性はほとんど無いはずですが、BやCにしないと再生できない場合は、先程とは違って、今度は青いリモコンボタンを長押しします。
リージョンAの場合は1を、Bの場合は2を、そしてCの場合は3を押します。
電源を一端切ってから再投入することを忘れないでください。
ちなみに、リージョンA、リージョンABCのディスクばかりなので、リージョンBやCを実際にかけて試すことはできていません。リージョンBやCに設定すると、リージョンAのディスクはかからないことは確認しておきましたが。

ブルーレーザーを使うブルーレイだから、青いボタン、赤外レーザーを使うDVDだから赤いボタンと覚えれば良いでしょうね。

これで世界中のDVDもブルーレイも自由自在に再生することができてしまうのです。

そうそう、SACDやDVD-AUDIOも再生できる万能マシンであることも忘れてはいけません。DVD-AUDIOは1枚も持っていませんけどね。

現状、まだファームウェアにバグか潜んでいるようで、BD-LIVEでフリーズすることや、コンポーネント接続で爆発シーンのようなところで画像の同期が取れなくなるようなことが発生しています。
早めに解決してくれることを期待しています。

これらの改造はすべて個人の責任の元で行うようにしてください。ワタシがその性能を保証するものではありません。あしからず。
[PR]
by takas1961 | 2010-05-09 10:25 | DVD/LD/BD | Comments(0)

OPPO BDP-80入荷

a0022655_2214245.jpg

以前から購入検討していたブルーレイプレーヤーのOPPO社のBDP-80が無事到着しました。
運がよかったのか、USPSで1週間かかりませんでした。

a0022655_21582589.jpg

BDP-83とどちらにしようか悩んでいましたが、価格の点と普段の使い方からコチラに決定です。

注文直後にメーカーからDVDはリージョン1だし、ブルーレイはリージョンAだけど大丈夫か、との趣旨の確認メールをもらいましたが、それに解答したらアッサリと送ってくれました。

メーカー直販サイトからの購入で、本体価格+送料+通過関税900円にて。

とりあえず手持ちの材料で仮接続して試してみたところ

軽く期待していた地上波デジタル放送などを録画したBD-Rの再生は不可能(残念!)
USBメモリの中のMP3やWMAなどのオーディオファイルは再生可能(動画は未確認)
起動がむちゃくちゃ速い! (BDZ-X90との比較)
一部イギリス盤の中の映像特典がPALのものも変換して再生してくれる!
BD-LIVEがようやく楽しめる環境になった
各種設定が画面再生しながらでもできる

と、こんなところでしょうか。
a0022655_2201673.jpg

ファームウェアは最新のものにインターネット経由で更新できますが、まだ一部の動作が不安定な部分があるようで、BD-LIVEを試しているときにフリーズして再起動する局面も見られました。

DOLBY-TRUE HDやDTS-HDMAなどの可逆圧縮音声は、アンプが対応していなかったのですが、BDP-80本体でデコードして出力してくれるのでようやく堪能できました。
PCM5.1CHももちろん再生できます。

音の厚み、というか濃密さが明らかに非可逆圧縮音声である従来のドルデジやDTSよりも上です。
伝送路がデジタルじゃなく、アナログというのを心配したのですが、高級オーディオ用のRCAケーブルが格安でワゴン販売していたので事前購入しておいたのは大正解でしょう。

a0022655_2291116.jpg

設定は難しくはありませんが、日本語環境にしないといけません。
日本語設定にはコード入力が必要です。
マニュアルにも書いてあるとおり、4ケタで「7465」です。
メニュー画面そのものは英語のままですが、ブルーレイ字幕設定と、ブルーレイトップメニュー設定は日本語に設定しないと不都合が多いです。

とりあえず仮接続です。
付属の電源ケーブル、市販のUSBメモリ、コンポーネントケーブル、そしてオーディオ2CHケーブル3組が必要です。USBメモリは特に無くても大丈夫のはずです。内蔵で1Gバイト分あるので、BD-LIVEには対応できるからです。

まだ届いてないグッズが数点あるので、それを取り付けてから詳細はアップしたいと思います。
[PR]
by takas1961 | 2010-05-03 19:18 | DVD/LD/BD | Comments(12)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31