先週、志賀に今シーズン初めてお邪魔したときに、素晴らしい頂き物をしてしまいました。
それがテレマークブーツとテレマーク用スキー板です。
a0022655_8433765.jpg

ブーツに関しては事前に聞いておりましたが、板までは予想外でした。
足がデカくて初めてトクしたなぁと、思いました。ブーツは自分用にわざわざ買ったかと思うぐらいバッチリのサイズです。

a0022655_8451356.jpg


ブーツはW・J師匠、板はロッキー兄さんから頂戴いたしました。

本当にありがとうございました。
頂いた限りは、期待を裏切らないようにテレマーク技術に磨きをかけるという殊勲な心がけで、まずは技術書、そして自分の身を守るヘルメットを早速調達しました。

技術書はDVD付きのもので、とりあえずイメージトレーニング用です。
a0022655_8544469.jpg

ヘルメットは驚異のデカ頭ゆえ、サイズが適合するものがほとんど無い中を毎度お馴染みのヒマラヤさんにて調達しました。
a0022655_10474465.jpg

ダイナと高鷲SPをさくさくっとサンライズと午前中滑ってからの挑戦となりました。

最初に板を履いて、まだDVD映像のかけらが頭に残っていたおかげでしょうか、一瞬はオレって天才?などと思うシーンもありましたが、いつものアルペンの板とは全く勝手が違います。
板全体に乗るように心がけても、ふとしたきっかけで前傾姿勢を取ろうものならば、前転しそうになります。動きもジタバタアタフタ、実に不自然です。ダイナスタッフやいつもの仲間には冷やかされるし、実にいい経験をさせてもらいました。
とりあえず、頑張った自分にはご褒美、ひるがの高原バニラです。通常のソフトクリームよりも100円高い高級品(?)です。
a0022655_8452842.jpg


次回の日曜日は、ロッキー兄さん直々に我がホームゲレンデであるダイナランドまでお越しいただき、実施指導をしてもらいます。さーーて、滑っている様子はそのときにでもアップしましょうか。
[PR]
by takas1961 | 2009-01-26 08:49 | 奥美濃 | Comments(12)

実は、マトリックスのブルーレイボックスがフリスコのウォルマートあたりで売ってないかと期待したのですが、残念ながら影も形も見当たりませんでした。

シルバーソンに行ったときに、ありそうだと思えるショップ(ターゲット)にまで連れてってもらったら、売っていることは売っていたのですが、ほぼ100ドルというプライスでした。
それならば、AMAZON.COMで送料払ってでも買った方が安いなぁと、と考えたのですが、フリスコ滞在中にはギリギリ届かないことがわかったので、帰国してから改めて注文することにしました。

しかし、よくよく考えたら、特典ディスクはDVDで以前買ったDVDボックスと同じようなものだし、単なるdvdで日本語字幕も入っていないし、本編で観たいのはアニマトリックス以外なので、さくっと検索してみたら、なんと英国盤でも米国盤同様に日本語字幕、日本語吹替えが入っているという情報をキャッチしました。

当然、買い物先はamazon.co.ukです。

待つこと5日間、すんなりと届いてしまいました。
a0022655_1281954.jpg

送料含めて、なんと28.25ポンドでした。(購入時点の価格です)
実に良い買い物でした。
中身は3部作がそれぞれのケースに入っているというあっさりしたものです。

日本円換算で、3枚が送料込みでも約3500円だったわけです。
ジャケット裏には日本語関連のことは何も書いてありません。
a0022655_8403415.jpg

ワーナー盤ではお馴染みなんですけどね。

他のワーナーのブルーレイと同様に、メニュー表示を日本語設定にしないと、日本語字幕や日本語吹替えの設定はできないので注意が必要です。

日本語設定だと
a0022655_841366.jpg


英語設定だと
a0022655_8412438.jpg


他のメニュー言語設定も試してみる価値はありそうです。

ちなみに日本で売っているものは、定価14800円です。
単品発売だと1枚あたり4980円という値付けになるんでしょうか。

同じものを高く売るってこと、そんな価格付けでも日本では買う人がいるんですよねぇ。

皆さん、賢い買い物をしましょうーー!
[PR]
by takas1961 | 2009-01-21 15:46 | DVD/LD/BD | Comments(0)

a0022655_2327792.jpg

今年から免除されるリフトが設定されたため、結果的には乗る本数が減っちゃいました。
しかし、待望のTシャツ復活なのですよ~
1日目は、丸池スタートで、最後はロープウェイで戻ってくる予定を立てました。

今回のメンバーは男性3人、女性2人だったので、余裕のコース設定にしました。

ロープトゥ乗る頃はまだ天気悪かったですな。
a0022655_2337450.jpg


焼額山についても元気イッパイです。




高校の修学旅行以来のヤッちゃんもスキーで爆走してます。普段はスノーボーダーなんですけど、このチャレンジのためにスキー一式を買っちゃいました。


毎年洗練されていると自画自賛しているコースをまたまたちょいと変更したので、結果的にはちゃんと1日目のお昼はグランフェニックスで豪華ランチです。
a0022655_23273425.jpg





二日目は修学旅行生との戦いを予想しました。
a0022655_23395716.jpg


とても怪しい4人組です。
a0022655_23401648.jpg


初対面の2人ですが、既に息はピッタリです。
a0022655_23281026.jpg


終了直前には毎度お馴染みの鍋焼きうどんで前祝いですぅ
a0022655_2348244.jpg


最後は全員揃って記念のTシャツを着てハイポーズ♪
a0022655_23272170.jpg

わざわざロープウェイの駅までもらいに行ってきました。

さて、来年は1日コースです。もちろん全員強制参加していただきます。
夜の宴会もネッ
[PR]
by takas1961 | 2009-01-18 23:01 | 志賀高原 | Comments(2)

SAW5
デス・レース
地球が静止する日
センター・オブ・ジ・アース3D (日本語吹替)
シャイン・ア・ライト



200本超えはしましたが、まあこんなところでしょうか。
12月は見逃した作品多数です。
特に邦画のスケジュールがあいませんでした。
ハンサムスーツとかは予告がおもしろかったので観たかったし、トウキョウソナタも知らない間に始まって知らない間に終わっていました。
[PR]
by takas1961 | 2009-01-10 00:00 | Comments(5)

2日目のベイルはいつもと移動手段が別です。
ジミーがおやすみだったし、頼みにしていたマコトちゃんはデンバーに用事で行く、ということで、シャトルバスでの移動となりました。
その名も、「Fresh Track」です。
リョーコちゃんに事前に予約を取ってもらいました。時期によって料金が違うようですが、フリスコからベイル往復で35ドルはなかなか魅力的なプライスです。
以前は、フリスコからの有料シャトルバスもあって、利用したことがあるのですが、5年ほど前に既に廃止になっちゃっています。
a0022655_9144757.jpg

ベイルヴィレッジにある、レッドライオン、ぜひ行ってみてください。
ココにはジェニーちゃんがいます!!
もちろん、うまいハンバーガーも!
a0022655_23502056.jpg

[PR]
by takas1961 | 2009-01-02 00:00 | 海外生活 | Comments(2)

a0022655_011547.jpg

この日はマコトちゃんと加藤クンという濃い3人組でベイルに行っちゃいました。
当然、今シーズン初のベイルです。
帰ってきましたーーーーっ!
クルマは毎度お馴染みエバーグリーンのパーキングに停めて、ゴールデンピークまではシャトルバスでの移動となりました。
RIVA BAHNを途中下車して、HIGHLINEに乗り換えて、滑ってNORTHWOODSに乗り換えて、
ようやくTWO ELKが見えてきました。
トレイルマップ見ると、この移動だけでも随分タイヘンだとわかってもらえるかな?

a0022655_09519.jpg

と思ったのも束の間、どんどん上に上がっていって、モンゴリアンボールの方に向かって、シュレップリフトであるMONGOLIAに乗って降りたかと思ったら、ハイクアップの開始になっちゃいました。
a0022655_091079.jpg

日頃の運動不足、そして、3000m以上の高地での板担ぎは想像を絶するしんどさです。高山病予防のダイアモクス飲んでおいて正解でした。

カメラ忘れていったので、マコトちゃんと加藤クン撮影の写真を張り付けておきます。
さんきゅーでした! (これ以前の写真は別の日に撮影したものです)

リフト降りて目指す方向にはこんな看板が!
a0022655_8555899.jpg

パトロールも助けてはくれないのですな。

a0022655_8561786.jpg


a0022655_8433212.jpg


a0022655_843475.jpg


a0022655_1511297.jpg


a0022655_15114222.jpg


写真のウェアは、ジミーからプレゼントしてもらったワタシにぴったりのデカめのウェアです。

この体験してからはどこをどう滑って帰ったのだろーか・・・・・?
やはり脳に充分酸素が供給されていなかったようです。

いちおう、教えてもらったルートは
CHAIR 22 (T-BAR) --- HIKE UP 30 min --- BENCHMARK (3600m) --- DROP --- powder --- cat walk --- CHAIR 10
です。
キャットウォークが随分長かったですねぇ。
ちゃんとオフピステ楽しんだ人が楽にベースに戻れるようにしてあるなんてのは、ベイルじゃないとできないワザだと思います。

そうそう、休憩でTWO ELKに入ったら、ジミーとゲストのファミリーとばったりお会いできました。広いベイルでも会うべき人には会うのですよね!
ゲストファミリーに関しては、また次項にて
[PR]
by takas1961 | 2009-01-01 00:00 | 海外生活 | Comments(2)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31