「ほっ」と。キャンペーン

161~180本

釣りバカ日誌18
HERO
ワルボロ
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ
Life 天国で逢えたら
キャプティビティ
アーサーとミニモイ 字幕版
卑劣な街
愛なんていらない
シッコ
強敵
包帯クラブ
デス・プルーフ in グラインドハウス
水になった村
ブラッド
ファンタスティック・フォー 銀河の危機
夜の上海
プラネット・テラーinグラインドハウス
さらば、ベルリン
彩恋
[PR]
by takas1961 | 2007-09-28 07:58 | Comments(1)

141本~160本

夕凪の街、桜の国

ラッシュアワー3(字幕版)

ルネッサンス

伝染歌

TAXI4 (字幕版)

遠くの空に消えた

ベクシル

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

呪怨 パンデミック(日本語吹替版)

ウォンタクの天使

デス・プルーフ in グラインドハウス

サム~SOME~

浜辺の女

ブリッジ

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

アヒルと鴨のコインロッカー

阿波DANCE

レストレス~中天~

チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授

マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ


「韓流シネマ・フェスティバル2007~ルネサンス~」の開始に伴い、韓国新作映画の鑑賞ラッシュが続いています。付き合えるだけは付き合っていますが、本数多過ぎます。
全部で21作品あるのですが、1箇所の映画館だけでは全部観ることは不可能です。
久々にTOHOシネマズの1カ月フリーパスポートを発行してもらって、3連休は10本ぐらい鑑賞予定です。

アヒルと鴨のコインロッカー」はウワサ以上におもしろくて楽しめました。といっても、途中で気づきましたけどね。
TAXIシリーズは名前だけですね、完全に
レストレスは惜しい!!ラストあっさり片づけなければ個人的には大傑作だったのですが
エヴァはこの先もおつきあいしますよ。
デスプルーフはもう一回観てきたいと思います。
[PR]
by takas1961 | 2007-09-13 07:08 | Comments(1)

BDZ-X90発表!

a0022655_22495582.jpg

ううう、物欲がフツフツと沸いています。
発売は11月8日とチョイ先です。
以前だったら発表と同時に予約していました。
もちろん怒濤の分割払いなんですが、
先立つものが無いのが問題です。

我が家は幸いにもアナログハイビジョンテレビ(当然ブラウン管方式!!)があるので、フルスペックで映像は楽しめます。
ただし、サービスマンモードで無理やり調整しているため、若干画像がゆがんでいますが、気にしない気にしない♪

あっ、HDMI端子が無いと折角の新機能が一部使えないんですよねぇ。
アンプもHDMI端子対応してないから、アンプも買わないと真の実力は出せません・・・
ボーナスない仕事はイヤだなぁ

そういえば、アナログハイビジョン放送、まもなく終了です。9月30日までです。
結局、本放送に以降しないままの試験放送でおしまいです。
MUSE方式なんて言っても誰も知らないでしょうね。
わたしゃ、82年の3月に砧のNHK技研で観たのが最初なんですけども、
時代の移り変わりなんですよね。
我が家にはアナログハイビジョンのLDまであるんですけどね。
作品は、アラビアのロレンス、未知との遭遇、バックドラフト、他数枚だけです。
本体高かったし、ソフトもめちゃくちゃ高かったから普及全くしませんでしたね。
ソフトを店頭販売しているところは名古屋のヤマギワぐらいだったので、たいていは通販で買っていました。
過去の散財の一部でも備蓄していれば、とグチっても過去は修正できません。
明るい未来に向かってGo!!しましょう
[PR]
by takas1961 | 2007-09-12 22:54 | DVD/LD/BD | Comments(2)

a0022655_8125837.jpg

a0022655_8132293.jpg


映画館でまだ予告は観ていませんが、チラシはゲットしてきました。
公開時期を考えるとけっこう早い配布時期ですね。
昔は下敷きがわりにカードホルダーに映画のチラシをはさんでいたものです。さすがに今はしないですけどね。
雑誌スクリーンなんかにはよくチラシをまとめた付録が付いていたのですが、今はどうなんでしょうか?
そうそう、予告編といえば、「少林少女」の予告編が「少林サッカー」のテーマ曲を用いて映画「HERO」の開始前に上映されています。こちらもゼヒ!
もちろん公式サイトでもご覧になれます。
それにしても公開がGWなんて先すぎますねぇ~
[PR]
by takas1961 | 2007-09-12 08:13 | Comments(2)

ブレランのに~ぜきさんのサイトで、ブレードランナー ファイナルカットの劇場公開を呼びかける運動が展開されております。
ぜひ、ご協力をお願いします!
方法はカンタン、ココからコメントを残していただくだけです。
ぜひ皆様のご協力をお願いいたします!
[PR]
by takas1961 | 2007-09-11 07:52 | ブレードランナー | Comments(0)

8月末から、映画「銀色のシーズン」のプロモーション映像が公開中です。
画面左上の「プロモーション映像公開中!」ボタンを押せば、再生開始されます。
いわゆるティーザーでも予告編でもない位置づけなんでしょうか。
けっこうネタばれになりそうな内容ですが、ぜひご覧ください。
第一弾と明示されているので、更新される可能性があるのでお早めに!!
映画は来年の1月12日から公開です。

どっかで観たようなスキーシーンが多いのはご愛嬌でしょう。
勝手にラブコメかと思っていたら、「雪猿」だそうですから、作品の方向性はだいたい想像していただけるかと。リピート鑑賞して、おおいに盛り上げたいものです(4カ月後)

フラッシュを使った映像なんで、キャッシュからデータをコピーして、携帯(w-zero3の新型)で持ち歩いて楽しめるようにしています。flv形式は何でも再生できるので便利です。
[PR]
by takas1961 | 2007-09-06 08:47 | スキーマテリアル | Comments(4)

a0022655_712751.jpg

出ますよ、出ます!!
なんと幻のワークプリントを含んだ5枚組!!!!!
国内盤予約がようやく昨日から開始されました。
(実は下書きはアメリカ盤がアマゾンで予約開始されたときに書いています)

情報関連はイロイロとリークされていて、前景気をかなり煽ってくれていましたね。
ジョアンナ・キャシディの公式サイトでの情報だとか、アメリカのコミコンのリアル情報、そして、昨日のベネチアでの上映ニュースだとか。
ジョアンナ・キャシディなんざ、呪怨パンデミックにまで出てきて煽ってくれるんですから困ったものです。ダリル・ハンナなんか、キル・ビルに出ててもプリスにしか見えないし、ショーン・ヤングが奇行に走ったときもレプリカントの反乱程度にしか思っていなかったものです。
予告編も一時はフェイク画像かと騒がれたものですが、実はホンモノだったわけですよ。


ブレードランナーをリアルタイムで観て、あの衝撃を上回る作品に今まで出会っていません。
当時同時上映だった「燃えよドラゴン」(お決まりねっ!)も人生を変える1本でしたけどね。
いや、この作品を最初に観たのはこの10年ぐらい前ですが。

それから25年、いったいこの作品のためにどれだけ散財したことか!

映像関係は
LDの輸入盤(エンバシー盤)、ワーナー国内盤、CAVワーナー国内盤、ワーナー国内盤ディレクターズカット(92年)、DVDワーナー国内盤、DVDリマスター米国盤、DVDリマスター韓国盤(日本語字幕付き!)
もっというと、LDを新機種(当時)に変えたキッカケはブレランLDをより美しくみたいからでしたし、DVD買ったキッカケもブレランをワイド画面で観たかったからなのです。
ブルーレイ盤も、再生できないけど買ってしまいそうです・・・
ブルーレイボックスが出てたら決定でしたけどネ
そうそう、ブルーレイディスクはリージョンコードがアメリカと日本と一緒ですので、再生は何も問題ありません。日本語字幕が無くて良い人にはオススメですよ。

音楽関係は
ニューアメリカンオーケストラ盤レコード、ニューアメリカンオーケストラ盤CD、92年発売サントラCD、ヴァンゲリスの各ベスト盤
といったところでしょうか。
縁がなく、ブート盤には手を出していません。
でも、今度のファイナルカットのために書き下ろされた新曲を含めたホンモノのサントラも出るというウワサがあるのでこちらにも期待したいと思います。
ちなみに今出ているサントラはホンモノではないのです。映画のエンドタイトルに出てくるヴァンゲリスが当時在籍していたポリドール盤は結局出ていないのです。今のものは92年ディレクターズカット上映時のプロモーション用として作られた新録音盤なのですよ。


書籍に関しては、たぶん日本で出たものは全部買っているはずです。CBSソニー出版から出ているポール・M・サモン氏の分厚い本ももちろん持っています。ディックの原作本なんかも、カバーアートが変わる度に買い直したものです。もちろんハヤカワSF文庫ですよ。
ディック関連はサンリオから後追いで出た作品もイロイロ買って読んだものです。
雑誌は全部保存されてない可能性もありますが、スターログ(古い方)なんかはむさぼり読んだ記憶があります。
見果てぬ夢をおって、ハードカバーの小説の続編も発売されるたびに買っています。

シド・ミードのデザインに魅せられて、ラフォーレ原宿ミュージアムのデザイン展にまで足を運んでデザイン画集まで買ってしまいました。あのときにホンモノのスピナーがちゃんと展示されていたんですよ、撮影に使ったものが!!!
88年に初めて渡米したロスに行ったときも、ブラッドベリービルを探して徘徊したものです。
でもたどり着けませんでしたが。ハリウッドのシネラマドームでの上映には実は間に合わなくて、かなり悔しい思いをしたものです。仕方ないので、THAT'S CINERAMAを観たのですよ。


映画館も数えきれないほど行ってます。
今は亡き映画館ばかりですが、岐阜ピカデリー、松竹セントラル、後楽園シネマ、名古屋ピカデリー2、といったところでしょうか

日本でのファイナルカットの劇場での上映を強く期待しています。
上映ヤバイようだったら、上映運動でもしてみようかなぁと。
ワーナーさん、お願いします!
ワーナーマイカル限定でも良いのでぜひ上映してください!!
[PR]
by takas1961 | 2007-09-05 07:10 | ブレードランナー | Comments(6)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30