この歳まで生きてくると好きな映画は山ほどある。
ブレードランナーもそんな1本。
現状、日本国内ではDVDは出ていない。権利切れとやらだそーだ。
結果、アマゾンマーケットプレイスでも人の足元を見たような価格をつけている。

ハリソン・フォードが好きだとか、リドリー・スコット作品は最高だなどとぬかしている輩は後付けの理由でしょう。何せ、初公開時は岐阜では「燃えよドラゴン」のうん回目のリバイバル上映との2本立てでしたし、結局3週間ほどで終わってしまった。

まあ、もともとはワーナー配給だったが、ビデオ、LDの時代はアメリカではエンバシーという会社から出ていた。今は無いと思うんだけど。
輸入盤LD、日本盤CLV、日本盤CAV、など、たぶんメディアで5、6種類は持っている。
DVDを買うきっかけも、この映画が出ることを知ったからだ。
シド・ミードの画集も当時ラフォーレ原宿まで行って展示会を観て買ってしまった。
関連グッズはかたっぱしから買った。
今よりも貧乏な時期であったにも関わらず!


DVDで最初に出ていた盤は片面1層、つまり2時間近くの映画が4Gバイトぐらいに押し込んであるわけだ。圧縮技術も進んでいない、もう10年近く前のDVD、決して画質は良くないが、ともかく今はそれを持っているだけでも自慢できる。ただし、暗いシーンが多いこの映画では、MPEG2圧縮特有のモアレ状ノイズがあちこちに見受けられる。


ネット上のウワサによると、来年は公開25周年記念でアメリカ本土ではボックスでの発売がされる、ということ。きっと、ブルーレイディスクHDDVDといった次世代のメディアでも発売されるのであろう。
また、これでプレイヤーまで買うことになるのか?
その前にHDMI端子付きのデジタルハイビジョンテレビと、HDMI端子付きのサラウンドアンプ用意しないといけないのである。

現在でも、期間限定(今年いっぱい?)で、デジタルニューリマスターでDVDが再発売されているので、早速、amazon.comで買ってしまった。
a0022655_152096.jpg


期間限定には弱いのである。日本人の悲しい性なのか?

当然、リージョン1で、字幕は英語、フランス語、スペイン語入りだ。アメリカ、カナダなら、この字幕でかなりの人間のニーズを満たすことは間違いない。
聞くはずはないフランス語吹替も付いている。

ワーナー盤は、よく韓国盤でも日本語字幕が入っているものがある。正確に言うと、dvdのマスターを作るときに、バリバリの新作みたいに枚数がある程度売れることが見込んでいる作品はともかく、微妙な作品は制作コストを抑えるために複数の国で販売できるようにしてある。

燃えよドラゴンスペシャルエディション」のときもそうだった。
これは日本盤よりもパッケージがシャレてて妙に豪華だった。

で、今回!

そう、韓国盤、大当たり!!
日本語字幕が入っていた~。ポルトガル語, 韓国語, 英語, スペイン語まで入って、妙にオトク。
ただし、日本語吹替は今回も収録されていないので、村井国夫ファンのアナタにはダメかもしれない。

とにもかくにも、毎度お馴染みのyesasiaで注文してひたすら待っている状態だ。

今なら25ドル以上だったら送料無料キャンペーン(通常は50ドル以上)なので、友人の分とあわせて2枚買ってしまった。

届いたら、画質比較なんぞしてしまうかなっと。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-29 01:01 | DVD/LD/BD | Comments(0)

鑑賞記録 171~190本目

マイアミバイス」 コン・リーの円熟した色気しか記憶に残っていません。

「スーパーマンリターンズ 吹替」 無難な吹替です。やはり字幕版を見直さないとネ。MSNビデオのメイキングは必見です。

「親指さがし」 単なるアイドル映画とは一味違うが、なんだかストーリー中途半端すぎ

「僕の世界の中心は君だ」 オリジナルを越えられないけど、ひとひねりあって、それはそれで愉しい作品でした。ヘンにオリジナルを知らない方がよかったのかも。

「時をかける少女」時を越えて名作のアニメとなるでしょう!!

「X-MEN ファイナルディシジョン」 まだまだ続く大河ストーリーですな。

「デイジー アナザーバージョン」 最初からこっちを上映してくれれば、もっと評判よかったはず。空白部分がほぼ全部埋まりました。

「ふたつの恋と砂時計」 ハ・ジウォンあっての作品でしょうね。観られただけでもラッキー♪

「ファイナルデッドコースター」 2の悪夢からは脱却しました。まだ続けるのかなぁ?

「グエムル」 キャラクターデザインは確かにアレに似ていますが、ストーリーは別物。とても楽しめる作品でした。もっとヒットして欲しかったっす。

「ワイルドスピード×3」 異次元の東京ってことでえぶりしんぐおっけ~でしょう。ショコタンも出てたそうだけど、どこだったか不明

「プルートで朝食を」 誰が何と言おうと、大傑作です。DVD予約完了済!

「ラフ」 長澤まさみのプロモーションのみにあらず。ヒットしないと悪なんでしょうね、こういう企画の作品の場合は。

「五月の恋」 チャン・ツィイーに続けと言わんばかりの中国の至宝のリウ・イーフェイの実質デビュー作として何年か経ってから騒がれるかもネ。

「アキハバラ@DEEP」 ちょいと実際とはかけ離れた秋葉原。とはいっても、20年前だな、イチバン良く通っていたのは。週2回は行ってたもんね。秋月、若松、亜土、石丸。

「幻遊伝」 発想はいいのに、なんか消化不良の作品になっていた。全国公開しないはずだね。

「ディセント」 騒がれるほど怖くも目新しくもないのになぁ。なんで騒がれたのかな?

「バックダンサーズ」長谷部優チャンがウチの近所の出身とはオドロイタ!

「イルマーレ」 オリジナルを超えたとは言えないけど、脚本に新たな彩りをつけるとこなんざ、さすがハリウッド作品のリメイクだね。サンドラ・ブロックが久しぶりに魅力的に写っています。

「もしも昨日が選べたら」 なんだかラスト近くで泣けてしまいました。邦題をもう少しなんとかしないとね、アダム・サンドラーじゃ日本じゃ客呼べないんだから。好きな映画だからこそ、もっと広くみんなに観て欲しいんだけど、2週間で終わるでしょう(予想)。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-25 21:32 | Comments(0)


a0022655_194470.jpg
「冷たい雨」はサンディひとりで歌いました。この曲が終わると、「雨のステーション」です。ミン・リーのダイナマイトボイスに聞き惚れました。
ここで、ユーミンようやく衣装チェンジです。
「Sign of the Time」を力強く歌ってくれました。

「打麦歌」を歌いながら登場したのが、シュエリエンです。

「Now is On」の途中から舞台がせり上がって、MCスナイパーとFAR EAST RHYMERSの登場です。

「KNockin' at the Door」はラップです。さすがに配信中の曲とは違い、ユーミンは少々つらそうでした。

「Jupiter」で平原綾香の登場です。途中から、イム君が加わって、壮絶なバトルと化しました。日韓の真の交流と言えましょう。


「Color of The Moon」は今年のFOLTEのメインとも言える曲ですが、CD発売予定は無いそうです。配信中の曲とは違い、4人のディーバ(ユーミン、平原綾香、サンディ・ラム、ミー・リン)にイム君が加わってのスペシャルバージョンです。

メンバー紹介が行われたのは、アンコールの最初に登場したディック・リーによってです。
ドラム、パーカッション、ギターを除いてはいつものユーミンバンドです。コーラスの3人も既にお馴染みの面々です。
「Carry On」の英語バージョンを切々とディック・リーが弾き語りで堪能させてくれました。

去年の参加メンバーの4人の「Smile again」は愛知万博閉会時と同じで感動を呼び覚ましてくれました。ユーミンは遠目でもわかる高そうな着物を着ていました。

「春よ、来い」を全員で歌い、大団円を迎えました。途中で4カ国の国歌がメドレー調で入れられました。なかなかいい試みです。


次回は、やはり中国の万博開催時でしょうか。
なんとしてでも行ってみたいものです。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-18 00:28 | MUSIC | Comments(0)

a0022655_1332822.jpg
エディソン・チャンが香港の町並みを歩くビデオ映像にかぶさって、「WAKE UP」です。
そう、映画「インファナル・アフェア」シリーズのあの彼です!

現在配信のみで聞くことができますが、違うバージョンに仕上がっています。
で、これに続いて、ユーミンがステージに登場して、「空と海の輝きに向けて」を歌いました。会場内はこれでユーミンワールドに一挙に突入です。この曲は、「WAKE UP」のサンプリング素材なので、当然の成り行きのオープニングだったのではないでしょうか。

続いて、「さざ波」です。名盤「14番目の月」からの一曲です。しんみりしたところで、続いては、
「最後の嘘」です。テル荒井の曲(?)とも一部では言われていました。この曲の途中から、ディック・リーが登場して、英語バージョンで歌いました。で、MCに続いて、なんとユーミンとディック・リーのまだタイトル未定のデュエット曲です。日本語翻訳歌詞はユーミンです。次回のアルバムに入るのでしょうか?

中央にせり上がって来たグランドピアノにユーミンが座って「春よ来い」を歌い始めると、なんとサプライズゲストの登場です。今回、登場が事前告知されていなかったイム・ヒョンジュの登場です。ユーミンお気に入りの彼です。最初はユーミンの弾き語りだったのですが、イム君登場からは、ユーミン伴奏のイム君の独唱になりました。
この曲が終わったら、イム君の「初恋」という曲をピアノ伴奏が松本氏に変わって披露されました。とても良い曲で、イム君の歌唱力を堪能できました。

続いて、ふたたびユーミンがグランドピアノ前に座って、次のゲストの紹介でした。
aminです。彼女も去年に続いて2回目の出演です。
「卒業写真」を北京語バージョンで歌いました。CMで流れているあの歌、あの声です。
aminは日本語堪能なので、去年の大晦日の中国からの生中継のときのマル秘エピソードをユーミンと共に聴かせてくれました。

aminと入れ代わって、二胡奏者のシェイ・クーの登場です。
「スラバヤ通りの妹へ」でのバックでの写真は去年のものと違います。
これって、レスリー・キーの撮影したものじゃないでしょうか?
そしてそして、いつもとチョッとだけアレンジが変わった「満月のフォーチュン」です。シェイ・クーの二胡の音色が多大な影響を与えていたのです。

続いて、マンタ作曲の「HONG KONG NIGHT SIGHT」です。アジアンテイストで押し進んでいたことがお分かりですよね?
途中からサンディ・ラムが加わって、広東語バージョンになりました。雰囲気はバッチリ合っていましたね。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-18 00:17 | MUSIC | Comments(0)

a0022655_23581199.jpg

行ってきました、名古屋センチュリーホール!
出発直前にゴタゴタしていたので、到着したのは開演30分前でした。
既に会場前は長蛇の列です。
a0022655_024691.jpg
こんな状況なので、開演時間にすべての人が入場できるわけがありません。
我々は開演10分ぐらい前に中に入ることができました。
グッズ売場も長蛇で、既に欲しかった黒いTシャツのMサイズ(までしかない!)は完売、代わりにピンク色・・・を買いました。
他の販売品はモリゾウキッコログッズ、本日の出演者のCDなどです。

結局、開始時間は19時20分を少し過ぎたころでした。
場内センターの大型スクリーンの左側にユーミン、右側に東京にいる藤原ヒロシが登場です。
これは生中継で、ユーミンは当然楽屋からの画像です。
藤原氏も今回のイベントに絡んでいるのですが、どうしても会場に行く都合がつかない、ということで少々トーク。一緒に組んだ、エディソンの話しになり、まずは導入部スタートです。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-17 23:55 | MUSIC | Comments(0)

鑑賞記録 151~170本目

映画観てないんじゃないかと思われているフシがあります。

実は観ています。

ゲド戦記 吾朗監督の初作品としては充分ですが、ストーリー知らない点はツライ作品でした。ユナイテッドシネマ稲沢 SC1 SRD+THX

THE EYE3 もう続ける必要はないでしょーね。って続くのか? 大垣コロナ SC1 SRD-EX

ライフ・オン・ザ・ロングボード 心地よい作品でした。 シネマジャングル SC6 dtsステレオ

スーパーマン・リターンズ 試写会でしたが、妙に空いていました。TOHOシネマズモレラ岐阜 SC12 SRD

ナイスの森 コメントするにはあと2、3度観ないといけないのかなぁ。 ジャングル SC6 SR

隠された記憶 ラストが何を意味するのか全く不明。 SC5 SRD

スーパーマン・リターンズ 2回目は先行ロードショー。観客かなり多め。ユナイテッドシネマ真正 SC16 SDDS

ユナイテッド93 ドキュメンタリータッチでナレーション無くて怖かったっす。モレラ岐阜 SC8 SRD

日本沈没 日本以外全部沈没に期待したいと思います。モレラ岐阜 SC11 SRD

青春漫画 DVD持っていたので、初めて日本語字幕付きで観て内容が全部わかりました。モレラ岐阜 SC5 SRD

ヨコハマメリー トラウマになりそうな作品です。ジャングル SC6 ステレオ

ハチミツとクローバー 蒼井優ちゃんサイコ~!! 真正 SC6 SR

笑う大天使 上野樹里ちゃんサイコー!!! モレラ岐阜 SC8 SRD

スーパーマン・リターンズ 初のTHX環境での鑑賞。3回目。稲沢 SC1 THX+SRD

UDON キャプテンUDONのスピンオフは作られるのか? TOHOシネマズ岐阜 SC1 SRD

花田少年史 原作知らなくてもかなり楽しめました。濃い配役ばかりでステキでした。TOHOシネマズ木曽川 SC7 SRD

バイバイ、ママ 怖過ぎます、監督と主演女優の夫婦! ジャングル SC6 SR

アルティメット アクションはストーリーあってのものだと痛感しました。真正 SC3 SR

東京フレンズ 大塚愛はもう映画出なくてオッケーです。ジャングル SR

ローズ・イン・タイドランド ギリアム好きにはタマラない作風かと。ジャングル SC6 SR
[PR]
by takas1961 | 2006-09-17 14:36 | Comments(0)

a0022655_13513659.jpg

来る9月17日に名古屋センチュリーホールで催されるFriends Of Love The Earth 2006に当選してしまいました。

愛・地球博 閉幕1周年記念の一環のイベントなのです。

ファンクラブでも、yahooでもなく、一般応募(往復ハガキ)での当選です。
一体、何通の応募があったのかは現時点では不明ですが、前回同様、かなりの確率の低さの中での当選です。

こうして、ウチのカミサンは幸運を少しずつ消費してくれているようです。感謝!

実際の詳しい内容は来週実際に参加してきてからアップする予定です。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-10 13:50 | MUSIC | Comments(2)

a0022655_103829.jpg

知り合いのブログで知ったのですが、閉鎖決定と言われていた「ごりん高原スキー場」が、今シーズンも営業存続になったそーです。写真は長野の某新聞(画像はいただきものです)。

いや~、めでたい!
このところ、知った名前のスキー場の閉鎖が多過ぎて滅入っていたところでの明るいニュースです。

でも、渋温泉には何度か泊まったけど、まだ利用したことがないんですよね、ココは。
かんばやしと同じわけです。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-09 09:59 | 志賀高原 | Comments(4)

リアブレーキパッド交換

a0022655_17182115.jpg

入院する何日から前から、左リアから時々異音がしていたので気になっていました。
で、昨日、いつもお世話になっているショップにて見てもらったら、リアのブレーキパッドが完全に磨耗していたことがわかりました。
そりゃ、5万キロ以上走っていますからね。
それにしても、このクルマ、タイヤもそうですが、リアの方が減り方が早いようです。

今回は毎度お馴染みのクランツのジガ・ベーシックにしました。
a0022655_17184025.jpg
在庫があったので、翌日、朝いちで取り付けしてもらうことにしました。

作業時間1時間強で完了、快適になりました。
次回はフロントパッド交換ですね。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-02 16:55 | R32 | Comments(2)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30