a0022655_9245937.jpg
TOHOシネマズ優先(?)上映されているEternal Sunshine Of The Spotless Mindをようやく観てきました。
ミシェル・ゴンドリーの前作の「ヒューマン・ネイチュア」も同チェーンの前身のヴァージンシネマズのほぼ独占上映だったはずです。このあたり、いわゆる目利きの担当者のチカラが働いているのでしょうか。

オリジナルタイトルを何かと縮めたがる昨今の邦題ですが、今回もやらかしてくれました。
美しい詞の一片を切り取ったオリジナルタイトルの意味を窺い知ると、勝手な日本タイトルには実に腹が立ちます。

今年観た映画での文句無しナンバーワンです。というか、たぶん今年のナンバーワンなんでしょうね。ジム・キャリーの静かな演技、ケイト・ウィンスレットの存在感も過去に例をみない演技でした。ケイトのエキセントリックさは、彼女の実質上のデビュー作の「乙女の祈り」以上です。
この作品、観てない人は必見です。ピー・ジャクが世に知られるきっかけの作品です。こんな作品でも、ちゃんと昔は上映してくれてたんですよね~。

この映画、全米公開は去年の3月だったそうです。これじゃアカデミー賞の印象は薄いはずです。いわゆる賞狙いの12月公開であれば、もっとノミネートされたはずだし、脚本賞のみの受賞には留まらなかったはずです。相変わらず、ジム・キャリーも無視されていましたし、アカデミー会員の人はいったい何を観ているのでしょうかねぇ。

さて、肝心な映画についてですが、ネタばらししないようにするのは至難のワザです。
予告編で使われていたバングルスのEternal Flameはどうやら日本独自のイメージソングのようです。日本盤のサントラに入っていますが、輸入盤には入っていません。ここはぜひ輸入盤の購入をオススメします。
日本独自のイメージソングは、私の記憶では、ナイル殺人事件、ビッグウェンズデーあたりからの導入でしょうか。中には映画本編の音楽と差し替えという暴挙に出る作品もありましたが、さすがに権利関係からかdvd化にはそういうことは是正されています。
彼氏、彼女との思い出を消したいと思ったことは誰にでもあるかもしれません。
ワタシだって両手の指では足りないぐらい消したいと思った過去はあります。
でも、この作品を観て、ラクーナ社に行くことは止めにしました。
楽しい思い出もツライ思い出も表裏一体なのです。
こういった出来事が今の自分を司っていて、今の自分があるからです。

最もワタシの場合は、楽しかったことはより美化して記憶にとどめ、辛かったこともそれなりに自分の都合のいいように解釈しなおして記憶してたりしますけどね。

dvdのコレクターズエディションサントラを速攻注文しました。

TOHOシネマズ木曽川 SC4 E7 SRD
[PR]
by takas1961 | 2005-03-31 08:46 | TOHOシネマズ | Comments(1)

a0022655_834494.jpg
前日に、アビエイターを観てきたので、就寝時間が1時すぎになってしまいました。3時間近い上映時間と、ヘビーな内容にオツカレ気味。

で、朝起きたら8時! あわてて準備して出かけました。
滑走開始はほぼ10時30分。
a0022655_8353224.jpg

ゲレンデは空いてて実に気持ちの良い青空が広がっていました。
滑り始めはよかったのですが、11時を過ぎた頃から、なんだか板に雪がまとわりついて、滑りにくい情況になってきました。キモチとカラダは先に滑っているのですが、板が雪の抵抗で滑っていかないという最悪の状態でした。
ワックスがヨゴレを吸っているかもしれません。

a0022655_837536.jpg

スーパーパイプに挑戦するも、滑走性が悪く途中で登らなくてアブナイ目にあったり、奥美濃の今の時期は仕方無いのかもしれません。ダイナランドの営業は4月10日までなので、あと2週間です。雪はあるんですけどねぇ。

で、この日は結局、2765m、8本という程度で13時ちょい前でアップ。

温泉はパスして、コロンバッチョでおいしいランチを頂いて帰宅しました。

温泉に入らなかったせいか、雪が重かったせいか、カラダがだるく、疲れた1日でありました。
[PR]
by takas1961 | 2005-03-28 08:27 | 奥美濃 | Comments(4)

19日に残ったリフトを半日で廻ることにしました。
その前に、クルマの掘り起こしです。
a0022655_11581735.jpg
残りは、木戸池、横手山、熊の湯、笠岳、前山、渋峠です。
木戸池だけはスキーでの移動は不可能です。

スキー開始は9時30分から
まずは木戸池からスタートです。
団体さんがいらっしゃいました。
ブーツをクルマの中に入れたままだったので、硬くて硬くて、履くのに一苦労です。
キャリアから下ろすのもめんどくさいのでストックなし、ブーツもテキトーに締めて滑りました。

ここは1本だけなので、すぐに移動して、今度はクルマをいつもの熊の湯の駐車場に移動してから停めました。

品川ナンバーのデカいハマーがすぐ近くに停まっていました。
くわばらくわばら

熊の湯スキー場は食われていない新雪がたっぷり!
前日の深夜から早朝にかけての雪のおかげです。
中間駅があるリフトでもトップまで利用しました。

熊の湯、笠岳、熊の湯とこなしてから、横手山に移動です。
横手山は修学旅行の学生さんであふれていました。
笠岳でボードの修学旅行の学生さんがいたので予想はしていましたが、ボードやっている人数よりも遥かに多い人数でした。

横手山のリフトを全部こなしてから、山頂を目指して、渋峠の2本をこなしました。
留守番のカミサンに山頂でパン買っていくつもりでしたが、サイフ一式をクルマの中に置いておいたので断念!
ふたたび横手山を滑って、前山をこなして完了
前山の雪は心なしか湿り気味。あ~、3月末だとその時点で初めて気づいてしまいました。


この日は2625m、12本です。
12時10分に完了しました。
Tシャツとバッジはロープウェイの駅で頂いてまいりました。
[PR]
by takas1961 | 2005-03-22 08:30 | 志賀高原 | Comments(0)

志賀草津ツアー開催!

a0022655_17321836.jpg

2日目は朝から晴れ渡り、天候も心配なく、安心して志賀草津ツアーが開催されることを確信していました。ちょっとゆっくり構えていて、受け付け後、準備に手間取ったため、集合時間にちょいと遅れてしまいました。
バスはなんと2台!

募集人数は35名だったはずですが、総勢58名。
あれ??

日本旅行でも主催していたはずなんで、その人たちと合同だったのでは、と勝手に推測しています。

去年もお世話になった往年の名デモンストレーター小林インストラクターと青木インストラクターを始めとした何名かの志賀高原のエキスパート同行なので心強いことこの上ないですね。
今年はボードの方も5名ほど参加されていました。

移動先は熊の湯スキー場。現地に到着するまでに志賀高原の由来、伝承を小林インストラクターに聞かせていただきました
a0022655_8413764.jpg

準備体操は省略して、第3クワッドリフトに乗り、山頂から横手山まで移動。これで充分準備体操がわりになりました。

横手山からは、リフト2本乗り継いで、山頂の横手山頂ヒュッテ前まで移動しました。
ココで各人、昼食のパンを受け取り、その後、記念の集合写真を撮影してもらいました。

ワタシはしっかり写っていますが、カミサンはトイレ行ったままで写っていません。

その後、渋峠まで全員で降りて、いよいよツアースキーの開始です。

滑り始めて、すぐにわかりました。今年の雪は一味違うと。
a0022655_843252.jpg


去年はもう少し早い時期だったのですが、もっと固く湿った雪で滑走状態がまるで違っていました。

パウダーを楽しみつつ、大回り、小回りと自由自在に滑り、ゲレンデとは一味違うシチュエーションに大満足です。

人数が多いので、途中何度か点呼を取りつつ進んで行って、芳ケ平ヒュッテ前でちょっと長めの休憩です。ここでは他のグループの方々も休憩されていました。ちょっと愛想が無いお犬さまのお出迎えが有りました。a0022655_846956.jpg

休憩後、またまたツリーランスキーなどを楽しみつつ、お昼ごはんはもう少し進んだ広いところ、そう、去年と同じところで取りました。事前に支給されていたパンと、ワイン、そして手持ちのビールで小宴会です。今回のワインは志賀高原ワインの白と赤です。
他の参加者の皆さんとのコミュニケーションできればよかったんですけど、少々皆さんオツカレ気味。自前の酒を持ってきて、注いで回ればよかったなぁ・・・
小林インストラクターにお願いして一緒に記念写真
a0022655_844204.jpg


40分ほどの昼食タイムが終わってから再スタート。
ボブスレーのコースのような狭いところを過ぎていくと、途中で小林インストラクターから去年とは違うルートを使いますとの説明がありました。
期待しちゃいました!
通称、蟻の塔渡り、と呼ばれるルートを辿りましたが、ココは通常はクローズされているようです。通ってわかりました、クローズする訳が。
その名のとおり、狭いんです。最も狭いところだと、80センチぐらいしかありません。
よくもこの人数で移動できたものです。まあ、途中の情況などをインストラクターがよく観察されて参加者の技量をある程度見極められたからできたんでしょうね、きっと。
ここを過ぎれば、すぐに草津の林道に到着。
a0022655_847390.jpg
オツカレさまでした~
時間はほぼ12時
標高差は約900mの旅の終了です。

あとは徒歩でベルツ温泉まで行きました。バスもちょうどゆっくり駐車場に入るところでした。
今回は人数が多いこともあり、草津スキー場でのスキーは無し。
荷物をバスに積み、着替えを持ってから温泉に入りました。
時間はたっぷり1時間30分近くありました。
循環バスがうまく来たら、ちょっと草津の町まで行って本家ちちやの饅頭でも買ってこようかと考えましたが、実際にはできませんでした。
ともかくバスは定刻どおり出発、発泡酒を2種類頂いて気持ちよく一路志賀高原へ。
出発地点の観光協会前に到着したのは午後5時30分近い時間でした。
集合写真をもらって解散です。
来年も都合をつけて参加したいものです。
万座ツアーもね!
圧雪を爆走して帰りました
[PR]
by takas1961 | 2005-03-22 08:29 | 志賀高原 | Comments(2)

a0022655_8291189.jpg
チャレンジスキーの1日目の予定を完了してから、ホテルに戻って、温泉にゆっくりつかってから、夕食を済ませました。
この時点で、鬼の形相はちょっと納まっていた模様。

その後、旧志賀高原ホテルにて開催中の70'Sノスタルジアに参加してきました。宿泊客は無料での参加でした。私たちが到着した時点では、既に大盛り上がり中です。
70年代後半の曲を中心にBird Landの演奏、ipodを使用してのDJタイムでした。
もちろんチークタイムもありました。
さすがにカミサン相手では気乗りしませんねぇ~

愉しい時間はアッと言う間に過ぎるものです。

来年もぜひイベントとして期待しております。

スタッフの皆さん、ご苦労さまでした。
[PR]
by takas1961 | 2005-03-22 08:28 | 志賀高原 | Comments(0)

朝、志賀高原に移動中に志賀高原観光協会から電話がありました。
7時40分ぐらいだったはずです。

あちゃー、中止!
この日、19日だけの志賀万座ツアーコースが悪天候のために中止決定の知らせでした。意気揚々と参加するつもりだったのですが、うるさいカミサンと天候には勝てません。

とりあえず観光協会の人に事情を聴くつもりで、除雪作業をしている人に声をかけてみました。
お~、お久しぶりの軽トラさん!
知る人ぞ知る索某協会のスタッフの方です。
以前、索道協会の掲示板があったころのHPの管理人の方なのです。
懐かしさもあり、別の話で盛り上がってしまいました。

ちなみに、この後、グングンと青空が広がってきました。

8時20分にはロープウェイ前に到着しましたが、同行のカミサンと相談の上、何かこのポッカリと抜け落ちた穴を埋めるべく代案を考えました。それは今期2回目のチャレンジリフトです。

着替え済ませて、ロープウェイに乗ったのが既に9時でした。1時間遅れのスタートでは、1日で回ることは絶対に不可能なので、横手山熊の湯エリアを残して、1.5日で回るコースを頭の中に描きました。何度もチャレンジしているし、今期は2回目なので、ほぼ問題ないコースを想定できました。

ロープウェイ、高天ヶ原連絡リフトで高天ヶ原に到着。
カチカチの斜面です。
高天ヶ原のリフトを順番にこなして、タンネの森、一ノ瀬ファミリーまで行きました。
一ノ瀬ファミリーでは、スキークロスの大会が行われていました。
なんだか映画ホットドッグの世界ですね~
チャイニーズダウンヒルではありませんが

協賛スポンサーのフォルクスワーゲンのパサートワゴンW8がシブイです。
豊橋ナンバーなので、明らかに広報車ですな。
a0022655_20395570.jpg

このW8、自走してこの場所まで移動させたそうです。さすが4MOTION!

ジミーさんのオトモダチの瀧澤さんが解説をされていたので、時間があればじっくりと大会を観戦したかったです。

寺子屋への移動用のリフトを残して、一ノ瀬ダイヤモンド、焼額山まで行きました。
ぶっちゃけ、昼頃、焼額山でカミサンは先に帰ってしまいました。
まあ、イロイロありますよ
これでも、彼女、3年前にに一緒に1.5日券で達成したんですけどね。

実はこの時点でコースミスをしていたので、第1ゴンドラに2度乗るハメになりました。

気を取り直して、焼額山から奥志賀に入り、奥志賀のリフト全部こなしてから、焼額山に戻りました。残る第2ゴンドラは待ち時間約20分!
このタイムロスは痛かったです。

その後、今度は山の神のリフト1本でダイアモンドに戻ったのですが、何を勘違いしたか、ファミリーに戻り、一ノ瀬クワッドに乗ってしまいました。
まだ山の神の1本が残っていたので、もう一度ダイアモンドを経由して、山の神に戻りました。
何やってんでしょーか。どんどん時間のロスが増えるばかりです。
とにかく、ひたすらリフトに乗って滑るだけです。
この時点で一ノ瀬ファミリーの移動の足であるサンキッドは大渋滞!!
a0022655_2046453.jpg

一ノ瀬クワッドにふたたび乗り、頂上から寺子屋に入りました。寺子屋は柔らかめの新雪たっぷりでした。
寺子屋を3本こなしてから、東館山の林間コースを経由して、東館ゴンドラに到着。
見た目は混雑していなくても、相変わらずのトロさで、時間ばかりかかります。
山頂到着後はショートカットとばかりオリンピックコースで最短で滑走!
まだカラダには余裕があって、助かりました。
発哺ブナ平、西館山をこなして、ジャイアントまで辿り着きました。
ホテルに寄ったのですが、カミサン到着してません。
アレ?
ジャイアントの固い斜面でズリズリして滑っている人の横をすり抜け、連絡通路で蓮池まで移動完了。この時点でなんと既に16時30分!
大急ぎで丸池、サンバレー、丸池、蓮池を完了。

9630m、46本という久々の凄まじさでございました。

この日の予定を無事クリアして、クルマを停めていた蓮池ロープウェイ駅に戻りました。
そこには、鬼の様な形相をしたカミサンが・・・・

つづく
[PR]
by takas1961 | 2005-03-22 08:21 | 志賀高原 | Comments(0)

a0022655_1131938.jpg

土曜日、ユーミンのコンサート行く前に、カミサン同伴で、久々にベイシティまで足を延ばしてきました。なんだかデートみたいです。映画開始ギリギリの時間に到着したのに、私のホワイトデー用のお返しの品の選定に走り、結果として予告編が一部観られませんでした。


で、サイドウェイ、私の涙腺刺激しまくり
今年見た映画の中での5本の指に入る傑作です。順位は付けられません。

どっか重ねあわせてるんでしょうね、自分の行動なんかを
私は、ジャックかな、でも、マイルスみたいな友人はいないなぁ・・・

ワインの蘊蓄などのストーリー展開は、そこそこワイン好き程度の私にはわからない奥の深い話しばかり、あとから買った劇場パンフレットが役に立ちました。

お久しぶりのヴァージニア・マドセン、デューン砂の惑星での美しさは円熟味を増していました。
まさにワインの熟成のようです。色々と役に恵まれない時期を乗り越えての名演技です。
マイケル・マドセンの妹でも、似てなくてよかったです。

ポール・ジアマッティの再発見でもありました。
アメリカンスプレンダーを見逃した事を後悔しています。

トーマス・ヘイデン・チャーチを意識して映画を見たことは無いのですが、調べてみると、けっこう観た事がある映画に出てる人でした。これからは要チェックです。

サンドラ・オーは監督の奥さんですが、あんなに激しい演技のできる人だとは思ってもみなかったです。「トスカーナの休日」の彼女とは別人ですな。

ロードムービーとしては、ボーイズオンザサイド、3人のエンジェル、プリシラ、そして、ファンダンゴの系譜に位置する映画ではないでしょうか。

ファンダンゴってDVD化されてないですよね? 不思議

万人にウケル映画ではないでしょう。事実、隣で観てたカミサンは少々オツカレ気味でうつらうつらとしていましたし。

基本的にオトコが描くの理想の映画なのでしょうか。
何にせよ、人生におけるすべての経験に何もムダなことはない、と確信させてくれました。
すべてが日々是積み重ねですな。

プレミアスクリーン1 SRD THX
[PR]
by takas1961 | 2005-03-15 08:53 | TOHOシネマズ | Comments(4)

a0022655_0101768.jpg
オレ、ふとももフェチだったかなぁ
ふともも祭の映画です。

上戸彩、サイコーっす!
インストールも捨てがたかったけどね
映画の中での抑えた表情の中に潜む強さがしっかりと出てました。女優さんとして、良い方向で大成していくと信じています。

しかし、高島礼子にあんなセリフ言わせちゃいけません!
あの映画を思い出させるようにしているんでしょうか?


世界中の映画バイヤーが飛びついたらしいですが、彼女の世界進出のキッカケになるといいですねぇ~
実はバイヤーは栗山千明目当てで買い込んでいるかもしれないんですけど、この映画では、「もったいない」起用のされかたでした。

前作観てないと苦しい部分もありましたが、2作目としては上々です。
48時間part2とか、陰陽師2なんてヒドかったですからねぇ。

木曽川 スクリーン2 C6
SRD
[PR]
by takas1961 | 2005-03-15 00:04 | TOHOシネマズ | Comments(0)

a0022655_8423538.jpg
3月とは思えない雪のダイナランドを楽しんできました。
持ち込みのCDで、DJ to-rockマライヤ・キャリー復活の新曲をかけてもらい、大満足です。
オマケに牧歌の里温泉の温泉招待券まで頂いてしまいました!

本日の滑走は4485m、12本でした。久々にエクトリームカービングの板を持参しました。
適度に空いた斜面を流して滑るのは実にキモチがイイモンです。

帰り道は、毎度お馴染み大和やすらぎの湯を経由して、コロンバッチョにお邪魔してきました。
先々週は苗場、先週は試乗会で粘ったため、営業時間に間に合わなかったので、久しぶりにおいしいピザを頂いて来ました。ほうれん草と目玉焼きのピザは、もちもちとした生地の触感と、トローリとした卵の黄身が相まって、絶妙な一品です。コレはランチだけで提供されているようです。

郡上八幡警察の隣、このカンバンが目印です。

土日祝日でもランチを提供されていて、ピザ、パスタとも絶品です。
ランチタイムは14時30分までです。
夕方の営業時間まで休憩があるので、時間に合わせてスキーを切り上げるのが日課となってしまいました。
実際に食べてもらわないと美味しさはわかりませんね。
店内のレゲエミュージックが心地よいです。

いつもカウンタ席に陣取って、マスターの仕事のジャマをしています。
どーもスイマセン!
[PR]
by takas1961 | 2005-03-14 08:48 | 奥美濃 | Comments(0)

a0022655_23495779.jpg

行ってきました、センチュリーホール
久しぶりです。

次回は浜田省吾の10月のコンサートの予定。

あっと言う間のめくるめく2時間
ニューアルバム中心ですが、懐かしの曲のオンパレード、
ミスターマリック監修のマジックショー、カオリンのボーカルまで堪能してしまいました。

10列目でも、座席間隔があるので、苗場のイチバン後ろと変わらないんでしょうね。
やはり苗場は特殊な空間でした。

レギュラー内容なので、内容は練られていましたが、ラスト近くのメドレーは蛇足でしょうね。
アルバム「紅雀」のハナシの直後、流れからすると何曲か演奏あるかと思ったら、たった2曲、残念~! カミさんはなぜか「ハルジョオン・ヒメジョオン」を熱望していたんで、とても不機嫌。
ちと肩すかしでした。
名古屋ダイスキというトーク、前日のオフ日話しがなかったのも消化不良になった一因かもしれません。
2時間という限られた時間枠では、内容を詰め込みすぎた感がありました。

後は、品川プリンスホテルのステラボールが当選することを祈るばかりです。
今回のコンサートとは別内容ということで、期待が高まります。
これが当たれば、苗場でもらった宿泊券も有効活用ということになります。
[PR]
by takas1961 | 2005-03-12 23:41 | MUSIC | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています