「ほっ」と。キャンペーン

旅の仲間との再開


a0022655_1922784.jpg三好町のMOVIX三好まで出かけてきました。
途中渋滞に巻き込まれながら、高速道路を通勤割引を利用して
走っていきました。
目的はただひとつ

ロードオブザリング王の帰還 スペシャルエクステンディッドエディションを観るためです。
ほぼ1年ぶりに訪れたので、ポイントカードの残りポイントは無効になりました。
DVDについていた通行証をもって行ったので200円割引で鑑賞。
上映開始時間は10時20分で、途中の1分ちょいの休憩を挟んで14時30分ごろまでの上映

これで旅の仲間たちと劇場で逢うことは無いでしょう。
残念!

SRD-EX THX
10番スクリーン G18 (自由席)
[PR]
by takas1961 | 2005-02-26 18:49 | MOVIX | Comments(0)

よ~く考えたら・・・

去年買ったダッフルバッグもオークリーでした。
a0022655_17144191.jpg


イロイロ小物も入るようにできています。
ゴーグル入れる専用ポケットがあってもいいのでは
今年も活躍中です。
[PR]
by takas1961 | 2005-02-22 17:15 | スキーマテリアル | Comments(2)

OAKLEYは初めてです

a0022655_1820596.jpg

イロイロなメーカーのゴーグルを過去使っています。
今回はOAKLEYを買いました。
消費税込みで1万円はとても良い買い物でした。
一番長く使っていたメーカーはカレラです。
この10年ぐらいはずっとbolleでしたが、ショップが取り扱いをやめたようで、在庫もほとんどなかったのです。
このゴーグルを通して見る景色は?
[PR]
by takas1961 | 2005-02-21 18:20 | スキーマテリアル | Comments(0)

ジュリー・デルピー!

a0022655_8505367.jpg
ビフォア・サンセット」を観るために、久しぶりにベイシティにまで足を延ばしました。
あおなみ線ができて便利になったので、場内は大混雑かと思っていたのですが・・・・
設置されたばかりの駐車場のゲートもオープンのままでした。


前作である「恋人までの距離(ディスタンス)」からもう9年も立ったんですねぇ。
ちなみに邦題からは想像できないオリジナルタイトルは「Before Sunrise」です。
何故か日本ではdvd化されてない作品の1本です。

当時は2本立ての併映作品として偶然観ただけですが、今ではもう1本の映画が何だったのか思い出すことすらできません。

9年立っても、ジュリー・デルピーはステキでした。
彼女の出ている作品はけっして多く観ていません。「三銃士」とか、「キリング・ゾーイ」ぐらいでしょうか。もちろん「ファングルフ」も観ていますが、とてもイタイ映画でした。
ミルク色の肌も健在でした、もちろんそれなりにお年は重ねてはいますが。

ひたすら会話だけの映画ですが、途中、効果的に前作のシーンがフラッシュバックのようにして使われていたり、おまけにジュリーの歌まで聞ける作品でした。
映画の中の時間と上映時間がそのままリアルタイムに進行する映画は、近年では、ジョニー・デップが出てた「ニック オブ タイム」ぐらいでしょうか。

似たような経験がある私にはイタイぐらい切ない映画でした。
まあ、半年先という約束ではなかったですけど。

隣でカミサンがうとうとしていたことは知る由もありませんが。
とりあえずサントラは速攻買いします。このサントラは前作のサウンドトラックと一緒になっていて、なおかつジュリー・デルピーの歌も3曲も入っているお買い得盤です。

予告編もぜひどーぞ

SRD TRAIN C6
[PR]
by takas1961 | 2005-02-21 08:51 | TOHOシネマズ | Comments(2)

ダイナ11発目は激混み

なんだかとても混んでいました。
例年、2月11日を境に日帰りスキーヤーが大半のダイナは客足が目に見えて減るんですけどね。

まあ、スノーボードの東海地区大会とか、バッヂテストのためでしょうかねぇ
現地到着が7時30分にも関わらず、駐車場はかなり下の方でした。
シャトルバスが利用しにくい場所って結果的に歩くことになってしまいます。

スキーのあと、タイから一時帰国している従兄弟に会う予定と、ベイシティまで映画を観てくるために早々に切り上げて、いつもの温泉、昼飯抜きで帰宅しました。

13本、4890mとまずまず。
新ゴーグルも調子よかったです。
って、これ、先週、ヒマラヤで買ったんですけどね。
[PR]
by takas1961 | 2005-02-21 08:30 | 奥美濃 | Comments(0)

a0022655_1428092.jpg
いよいよ始まりました、記念すべき25年目の幕開けです。

ユーミンのコンサートそのものには、85年2月3日のNHKホールでのYUMING BLOODから今年まで皆勤賞なのですが、苗場はちょっと敷居の高い特別の場所でした。
平日オンリーで土日には公演がなかったというのも特別でした。
私が最初に参加できたのは、第8回のときです。

忘れもしない88年2月29日でした。このときの入場順は61~64番だったはずです。
そう、ホントはダブルデートだったのです。しかし、ドタキャンされた私はひとりで岐阜から苗場までクルマで行ったのです。えっ?あとのふたりですか?東京からの現地集合でしたよ。

以来、ワールドカップロッジレストランでの開催は毎回欠かさず行ったのですが、92年の
ブリザーディウムに変わったときに、KEIちゃんにドタキャンされて以来、しばらくおやすみしていました。ショック大きかったのでしょうね、当時の私には。

余談ですが、ホントは今のドラゴンドラはワールドカップロッジの場所から乗れるようにする予定だったそうです。ユーミンの当時の話しによると、そのために取り壊すから、今年がワールドカップロッジレストランのコンサートは最後だということでしたから。
建設予算削減のためでしょうか、規模縮小というカタチで今の不便な場所からになったと思われます。バブルはじけた直後でしたからね。

で、私が苗場に復活したのは97年からです。以来、毎年欠かさず参加しています。
フツーにチケットが取れてクルマで行った事もありますし、ツアーしか取れなくて、新幹線を利用したことも、バスツアー(!)を利用したことすらあります。

一回だけ違う人(もち女性)と行きましたが、あとは現カミサンと行ってます。その1回のことを未だに責められていますが・・・。
この1回を責めるなら、88~91年までの毎回違う相手と行ったことにつっこんで欲しいのですがぁ、まっ、いっかぁ。(過去の栄光にすがる男です、わたしゃ)

今年は入場順が80番台とかなり前の方なので、良いポジションの確保が期待できます。
私が行くのは来週の27日です。
それまでにやっかいな仕事のカタつけないとネ
[PR]
by takas1961 | 2005-02-19 14:04 | 苗場 | Comments(3)

機内の楽しみ

a0022655_8544136.jpg

海外へ行くときに利用する飛行機の中での楽しみのひとつが、機内上映の映画です。
今回も新作が目白押しでした。映画を観るときに必要なのが機内誌です。
すみません、写真は2月号ですね。

今は昔と違って、エコノミークラスでも自分の座席前にある液晶モニターで自由に作品を選んで観ることができるので便利です。
デカいプロジェクター式も好きだったのですけどね。

シャークテイル、ボーン・スプレマシー、ウィンブルドン、TAXI NY、このあたりが初めて観る作品でした。キャットウーマンなんかもやってました。

行きはアシアナ航空だったので韓国語吹替えも上映していました。帰りはユナイテッド航空だったので、一部は日本語吹替え作品もありましたが、ムリしてでもオリジナル英語、字幕無しで観ました。

TAXI NYは日本に戻ってきてから既にAMCで観ました。
映画館で観ると楽しさ5割増しでした。

ウィンブルドンはユナイテッドシネマ独占で4月末から上映のはずです。
ポール・ベタニーがサイコーです。観ているうちに本当のテニスプレーヤーに見えてくるからフシギです。キルスティン・ダンストのブスカワイイが相変わらず炸裂しています。

シャークテイルは全国公開ですね。ぜひ字幕版で観て下さい。
声優をやっているハリウッドスターの顔とアニメキャラの顔が本当に似ています。違和感が全くないといえば大袈裟でしょうか。

ボーン・スプレマシーは、韓国盤DVDに日本語字幕が入っているので、毎度お馴染みの
YES ASIAで購入しました。劇場で観てないので、今日か明日にでも行ってこようかと。
映画はやはり映画館で観ないとね。
[PR]
by takas1961 | 2005-02-17 08:49 | 海外生活 | Comments(2)

a0022655_848169.jpg

志賀を満喫したあとは、単独犯行に及んできました。
当然、ダイナです。
シーズン券の減価償却できる分岐点の10回目でした。

今日はエクストリームカービングスキーで、ハンドフリースキーでした。
ハングルプレートが標準装備されている板なので、かなり深いターンができます。

意外と疲れていなかったので、正味3時間で4510m、13本滑ってきました。
利用リフトは、α、β、γの3種類です。

ハーフパイプは本人的には華麗に滑ってきましたが、クォーターパイプではオオゴケで
失笑を浴びて参りました。ココのハープパイプは日本一だそうです。

帰りは大和の温泉&コロンバッチョという定番でした。
バッチョでは、ピザランチをお願いしただけですが、スペシャルサラダを出してもらいました。

マスター、いつも気をつかってもらってスミマセン

それでは、らたまいしゅう!
[PR]
by takas1961 | 2005-02-14 08:50 | 奥美濃 | Comments(0)

a0022655_8404095.jpg
前日の疲れもあまりなく、2日目は朝食を済ませて、宿で着替えをしてからクルマでふたたび志賀高原を目指しました。さすがに連休2日目、混雑はピークを迎えていたようです。
結局、焼額山の第2ロマンスリフト乗り場前の駐車場まで移動するハメになりました。
この時点で第2ゴンドラは30分待ちの情況だったので、結果オーライでした。
軽くテレインパークを楽しんでから、第一ゴンドラに移動しましたが、こちらも待ち時間が長そうだったので、第3ロマンス経由で奥志賀に移動しました。
奥志賀は信じられないぐらい空いていました。さすがにスキーヤーオンリーだからなんでしょうね、日本のボード熱が伺えます。
1.5日券の時間いっぱいの13時まで滑って、駐車場まで戻りました。
帰りは小布施のハイウェイオアシスを経由して帰宅しました。
オツカレサマでした。
[PR]
by takas1961 | 2005-02-14 08:40 | 志賀高原 | Comments(2)

3連休を利用して、前半2日は志賀高原まで行ってきました。

今期、カミサンと同行してスキーに行くのは初です。
まずは念入りに準備運動です。
a0022655_8302013.jpg


ロープウェイで発哺温泉駅まで行き、そこから西館山まで移動しました。
カミサンがスキースクールに入りたい、ということで、事前に調べておいたスクールを
目指すためです。
そうそう、ロープウェイの終点で、あこがれの児玉さんにお会いできました。相変わらずおキレイなのですよ!

午前の部をお世話になった中川照勝スキースクール、彼女的には大満足だったようです。
結果的には個人レッスンでした。素顔は拝見できませんでしたが、ステキな女性インストラクターの方だったようです。

私はひとりの間は、西館、東館、高天ヶ原、ブナ平を滑りまくりました。
午後は昼のランチをホテルグランフェニックスのイタリアンレストランで取るために奥志賀を目指す移動です。
移動と言っても、スキーを履いたままの移動なので、西館、高天ヶ原、一ノ瀬ファミリー、一ノ瀬ダイヤモンド、焼額山を経由してなので、滑りを満喫できました。
おいしいランチを頂いた後は、カミサンはバスで、私はスキーを履いて蓮池駅まで移動しました。

この日の滑走標高合計は6700m、本数は25本でした。

宿泊は渋温泉小石屋さんです。お風呂も食事も、そして若女将の笑顔にも大満足でした。
外湯巡りは全部で9箇所、約2時間をかけて制覇してきました。
以前は初湯と大湯しか行ったことがなかったので、今回は全制覇の目標は事前に掲げていたのです。
なんだか外国人旅行者も多く、フィンランドの人やカナダの人たちと外湯で会話することができました。国際色豊な温泉街でした。
[PR]
by takas1961 | 2005-02-14 08:27 | 志賀高原 | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています