チャン・ドンゴン

a0022655_83436.jpgようやくブラザー・フッド観てきました。
AMCの試写会招待状をゲットしていたのですが、仕事の都合で行くことができなかった因縁の作品です。だったら木曽川で見ずにAMCにいけばヨカッタのですが。

前半はとてもよかったのですが、「プライベートライアン」ばりの
ハードな戦闘シーンで疲れてしまいました。
映像にメリハリがあればよかったのですが、けっこうチカラでグイグイと
進める作風の監督さんなんでしょうね、後半だらだらと長くて辛かったですね。
映画の主軸は兄弟愛のようにうたっていますが、微妙なところです。


チャン・ドンゴン、なんか若き日のチョウ・ユンファみたいでしたね。
彼の映画は、「友へ~チング」を劇場で観ただけです。
仲村トオル共演の「2009ロストメモリーズ」での
坂本正行(チャン・ドンゴン)のアヤシイ日本語炸裂でよかったです。
マニアの人にはオススメです。
でも、覚悟してください、この映画も長いです。

このDVDは韓国盤ですが、少々怪しげな日本語字幕も
入っていますし、パッケージにはリージョン3と記載されていますが、
ちゃんとリージョン2の日本のDVDプレーヤーでも再生可能です。
日本では超限定劇場公開のみだったのが悔やまれます。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-30 08:35 | TOHOシネマズ | Comments(3)

THE HUMAN STAIN

a0022655_95013.jpg彼女に最初に出会ったのは、84年、確か「ネバーエンディングストーリー」と
同時上映されていたオーストラリア映画の「BMXアドベンチャー」という映画でした。
カールした赤毛でソバカスが多い快活な少女の地のままに演じているな、という
ぐらいの記憶しかありませんでした。
で、その次に観たのが、トムとの出会いになったと言われる「デイズ・オブ・サンダー」
だったはずです。
昔はトム・クルーズの玉の輿に乗った田舎女優などと揶揄されていましたが、
気がついたら、今ではニコール主演の映画が目白押しという状態です。

ワーカーホリックなのかな、昨日観た「白いカラス」の本編前の予告の
「ステップフォードワイフ」にも出ていますよね。ちなみに、金曜日の夜の
BSでこの作品のプロモーション番組のようなものが流れていました。
「奥様は魔女」のリメイク版も進行中とのこと。
そもそも私が観た今年の映画の中でも、「コールド・マウンテン」、「ドッグヴィル」
に続いての3本目が「白いカラス」でした。
彼女も「心のシミ 」を修復するために必死なのかな?


「白いカラス」、淡々と過ぎる時間の流れを感じつつ、楽しませてもらいました。
微妙ですね、邦題は。ネタバレ、というか予告で完全にバレていますが、

アンソニー・ホプキンスの喋る英語がちゃんと南部米語に聞こえるところはさすがでしたね。なんと、あの、ゲイリー・シニーズも出ていました。

この映画、笑顔がほとんどないニコールでしたが、なんだか、実生活の
彼女の素顔はこんな様子かな、と勝手に思ってたりします。
それにしても、トムちんとは身長差、けっこうありますね。びっくり。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-27 09:51 | AMCリバーサイドモール16 | Comments(0)

CAMPの楽しさ

a0022655_17158.jpg
CAMP行ってきました。
映画のタイトルです。
ベイシティはマニア泣かせのフィルムをかけてくれますね。

「ヘドウィグアンドアングリーインチ」好きの人にはぜひ観てもらいたいものです。
ゲイ映画だと思い込んで行ったのですが、そのへんは軽めです。

ブロードウェイミュージカルは、ホンモノを観たことがありません。
ボブ・フォッシーの作品、たとえば、「キャバレー」や
「オール・ザット・ジャズ」、最近では「シカゴ」が映画化されていて、
とても好きな作品です。
おっと忘れちゃいけない、「コーラス・ライン」もありますが、
作者は別。

ミュージカル好きじゃない人でも、オススメします。
好きな人にとってはいろんな作品のワンシーンが再現されているので
必見です。

アメリカ映画には、ひょっとしてCAMP映画というジャンルが
存在するのではないかと密かに思ってたりします。
まあ、長い夏休み、日本のように「夏の友」(古い!)や自由研究で
お茶を濁すのではなく、有意義に過ごす方法なんでしょうね。
いわゆる林間学校でしょうか。
CAMP映画のほとんどはコメディですが、ここはぜひ、
「ダーティ・ダンシング」を押さえておいて欲しいものです。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-26 17:16 | TOHOシネマズ | Comments(0)

a0022655_165845.jpgディーラーで、お試し価格(?)ということで、WAKO'Sの
パワーエアコンというエアコン用潤滑材が安く提供されていました。
早速、入れてみました。

今月発売になったばかりのようで、こんな効能を謳っています。


■ エアコンを掛けると燃費やパワーが落ちる、という話を良く聞きます。
それはエアコンの心臓部であるコンプレッサーを駆動する為に、エンジンから
動力を得ているからです。当然エンジンに負担がかかりパワーも落ちるわけです。

■ エアコンを使用すると燃費が約20%も落ちると言われていますが、殆どの場合
コンプレッサーの抵抗によるものです。エアコンが冷えない、燃費が悪いなどの
原因の一つにコンプレッサーの潤滑不足があります。現在の134aガスは、漏れが
以前に比べて抑えられているとはいえ年間に数%のガスが抜けています。
潤滑オイルはガスに相溶して循環しており、ガスが漏れると潤滑不足を起こします。
それに気づかずに使用しているお客様が多いようです。

■ WAKO'Sパワーエアコンは抜け出たガスの不足分を補い、低下した機能を回復
する最新の商品です。

■ エアコンの効きが断然変わります!
■ エンジンパワーロスを減少しますので燃費アップ!
■ コンプレッサーノイズの低減!
■ エアコンガス漏れの予防!

まだ40キロ弱の距離しか走ってないのですが、気のせいか、渋滞の中でも
エンジンそのものが静かになったようです。コンプレッサーの負荷が軽く
なったおかげでしょうか。効果は本格的な夏を迎えないとハッキリわからない
でしょうね。

3500円+消費税で、施行代を含んでいました。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-26 17:00 | R32 | Comments(0)

a0022655_74959.jpg渋滞かき分けて、正式オープンしたキリオのTOHOシネマズ木曽川へフランソワーズ・オゾンの新作のスイミングプールを観てきました。


雨降っていたためでしょうか、比較的に遅めの時間だったためか、意外と渋滞せずに無事到着。おいしい晩御飯にもありつけました。


観てきた理由はふたつ。
カミさんがどっかで情報を知ったために、行きたいと強くゴネたから。
もうひとつは、私がシャーロット・ランプリングのファンだったからです。

どこまでが現実で、どこからが小説の世界かってのが大きなポイントであり、
どっちの彼女が現実か幻想かってのが見せ所になっています。

いい年の重ね方をされていますねぇ
「愛の嵐」、まだDVD持ってないんですけど

写真の彼女は、私は幻想の中のシャーロットだと信じています。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-26 07:51 | TOHOシネマズ | Comments(1)

ドラムライン

a0022655_83020.jpgなんとか期間限定上映に間に合いました。

カッコイイ!、わかりやすい映画でした。
ただ、トップガンや愛と青春の旅立ちを想像すると外されるかもしれません。

主役のニック・キャノンは若き日のウィル・スミスを彷彿させますね。
いい意味で期待を裏切られた映画です。

ちなみに若い頃のウィルは、メイド・イン・アメリカで観られます。

ウーピー・ゴールドバーグとの掛け合いがサイコーです!

マーチングバンドに興味があった、というわけではなく、
どっかでこの映画の予告を観て以来タノシミにしていました。
全米公開が一昨年のクリスマス時期だということで、随分
長い間待たされたことになります。

オーランド・ジョーンズって軽い役しかできない俳優さんかと思っていたのですが、
見終わったあとは、リー監督は彼しかなかったのではと思えてしまいました。
[PR]
by takas1961 | 2004-06-25 08:31 | シネマジャングル/THE HALL | Comments(2)

a0022655_12577.jpg


ロスト・イン・トランスレーションでの「お尻」に惚れたスカーレット・ヨハンソンが主演ということで、ようやく公開された「真珠の耳飾りの少女」を観てきました。

当然、お尻を強調したシーンはありませんでした。
彼女の憂いを含んだ表情のシーン、キスシーンすらないラブシーンでも改めて
スゴイ女優さんだと実感しました。
なんと、まだ19とは!

実生活では、かなり生意気だということで、海外のゴシップ紙を賑わせているそうですね。


相手役の俳優さんはエンドロール観るまでは、ゲイリー・シニーズ
だと思い込んでいました。似てませんか?
[PR]
by takas1961 | 2004-06-23 12:58 | AMCリバーサイドモール16 | Comments(0)

a0022655_84624.jpg先日、スタートレックヴォイジャーDVD発売記念と絡んでのCG&アニメーションフィルムフェスティバルに参加してきました。

きちんと劇場で見せてくれる機会を与えてもらったことにとても感謝してます。
それにしても、参加者が思ったより少なかったのが残念!

平日の遅い時間に開催するとか、土日に開催されると、もっと多くの人に参加してもらえたのではないでしょうか。

ノミネート作品10本は下記のサイトで観ることができます。
お試しあれ!

CG&アニメーションフィルムフェスティバル


私のイチオシは・・・・・
[PR]
by takas1961 | 2004-06-22 08:47 | ユナイテッドシネマ | Comments(0)

こんな日はドライブ日和

a0022655_83752.jpg
台風も過ぎ去って、すがすがしい晴天です。
こんな日は仕事しないで、どこかにドライブにでかけたいものです。
今週は交代休みで土曜日は休日です。
それまでお預けでしょうね。

R32関連のサイトを覗いてたら、エンジンの特性グラフをハッケンしました。
2800~3000が美味しいところのようです。

目指せゴールドを掲げているうちは、フルに性能を発揮できないか?
昨日は保険の更新で十数万が飛びました・・・・
[PR]
by takas1961 | 2004-06-22 08:39 | R32 | Comments(0)

クレア・フォラーニ

a0022655_83755.jpg初恋の人に何年かたってあったら、まったくかつての彼女とは違ってた、なんて
経験は無いでしょうか。
ジャッキー・チェン主演50作(?)のメダリオンに、かつて好きだった女優さんの
クレア・フォラーニが出ていました。彼女を初めて意識したのは、「ザ・ロック」での
ショーン・コネリーの娘の役でした。世間的に多少知られたのは、「ジョーブラックによろしく」ではないかと。
たぶん劇場未公開の「ミステリー・メン」は彼女観たさにdvdを買いました。

で、それから約4年の月日が・・・
久々にあった彼女は、たしかに彼女だったのですが、昔の彼女ではありません。
なんだか違うのです。慣れないアクションのせいでしょうか?

映画としては、無難な展開、なんだか「ゴールデンチャイルド」の焼き直しみたいな
ところもありますが、ともかく楽しめました。
インファナルアフェアシリーズのエディソン・チャンがカメオ出演してたり、
まあそれなりに自分では楽しめました。

彼女のステキな笑顔にあえるのは、エンドロール、ジャッキー作品では
お馴染みのNGシーンです。お見逃しなく!
NGシーン観てもうひとつ気づいたのは、オリジナルというかもともとのタイトルは
「HIGHBINDER」だということです。

しかし、となりのオヤジ、ダレ??
[PR]
by takas1961 | 2004-06-21 08:30 | AMCリバーサイドモール16 | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています