カテゴリ:MUSIC( 28 )

a0022655_23565948.jpg


BOSEのSIE2i sport headphonesを今年の1月にデンバー空港内のショップでアップデートキャンペーンとやらで格安に手に入れました。
古いBOSEのMIE2i mobile headsetを下取りみたい形で引き取ってもらったのですが、コレがケーブル切れ欠けたようなものだったのですが、とても値打ちにゲットできました。日本のBOSEでもやって欲しいものですねぇ~。
確かにケーブルは短めで便利だし、アームバンド(5用も最近ゲット!)で腕に固定するのは悪く無いのですが、それも時と場合によりけりです。
で、ブルートゥースのアダプタをイロイロと物色していたのですが5月末ぐらいにソニーから発表されたSBH50にはハートをグッと鷲掴みされてしまいました。
何せ、ソニー製品であるのにも関わらず、ちゃんとiPhone5の動作検証をしているのですよ。
ちなみに、ソニーはiPhoneに対してはアクセサリ製品を他にも出しているのです。例えば、新しいところではこんなものも!

ともかく、製品が発売されることを知った当日ぐらいに早速アマゾンに注文を入れたのですが、発売予定日の7月20日を過ぎても一行に出荷されないどころか、出荷未定の案内通知までメールで届いてしまいました。
で、結局少々割高でしたが、ソニーストアでさくっと購入、翌日には無事到着しました。運良くクーポン券やポイントを利用したおかげでアマゾンで買うのと遜色ない価格で購入できたのは不幸中の幸いでした。

カンタンなスタートアップガイドが製品に同梱されていましたが、文字が小さすぎるし、欲しい情報がすべて網羅されていいません。WEBから取り扱い説明書をダウンロードしてサクッと読みました。

ほほ~ってな感じです。よく出来ていますよ。

以前使っていたネットワークウォークマンを彷彿とさせるデザインも好感が持てます。

ペアリングはNFC機能無くても全く問題なくカンタンにできました。
iPhoneシリーズには現時点ではNFC機能はありませんから仕方ないです。

当たり前ですよね。わさわざNFC利用して更に簡略化する意味はほとんどわかりません。
本来専用アプリが用意されてないと使えなさそうな機能もアッサリ使えてしまいました。

念のために、SBH50本体のファームウェアが最新かどうかチェックしてみました。

a0022655_1152264.jpg

ソニー、ソニーエリクソンの携帯やそれに関する製品のほとんどをUSB経由で最新のファームウェアにアップデートできるソフトウェアなのです。

USBケーブルでパソコン本体と接続する前にSBH50の「戻る」ボタンを押した状態で接続しないといつまで経ってもDFUモードには入らないので注意が必要です。このあたりの説明がヨロシクないですよね~

結果として、当然最新版がインストールされていたので、アップデートの必要はありませんでした。確認するためにはアンドロイド携帯、もしくはWINDOWSパソコンが必要なので、アップル信者の方は何か方法を考えてくださいませ。

iPhone5と組み合わせて使っていますが、実に快適です。
iPhone5側に専用アプリは現時点では用意されていませんが、音楽を聞くことに関しては不満ありません。着信履歴を確認したりなどの小技が出来ない程度です。

ただ残念ながら、iPhone用のヘッドホンのリモコン機能であるボリュームコントロール、一時停止などの機能は一切使えません。
これが隠し機能でも使えれば、本当に言う事は無いのですが・・・・

音楽系のアプリはほとんどのものが使えています。曲目などのタグ情報も表示されて非常に便利です。
a0022655_0203420.jpg


電話機能に関しては、着信した人の名前などはキッチリ表示されるし、着信音も自分で設定した音がなってとても便利です。残念ながらLineやViper、SKYPEなどのアプリでは使用できない模様です。
また、ヘッドホン側にマイクがついていても使用できないことが判明しています。
SBH50本体のマイクしか音を拾わないのです。
丸いホームボタンを彷彿とさせるボタン(アクションキーという名称らしい)がありますが、コレを長押ししてもSiriは起動しません。単に電話が着信したら押すと電話に出られて、長押しすると着信拒否できるとのことです。

FMラジオも快適に使用できます。ペアリングさえちゃんとしていれば、FMラジオを聞いていても電話着信が受けられます。局のプリセットはできませんが、特に不便は感じていません。
ヘッドホンのケーブルがアンテナとして働くので、付属のもの以外は感度が落ちる可能性があるそうですが、特に不便は感じませんでした。

a0022655_0203633.jpg


付属のヘッドホンは正直不要でした。添付ナシのものもぜひ製品としてあって良いかなと。

今後はこのような点を改良してガンガンとソニーイズムを体現した製品を出してもらいたいものです。

a0022655_0313179.jpg

[PR]
by takas1961 | 2013-07-24 23:58 | MUSIC | Comments(0)

ON THE ROAD 2011 THE LAST WEEKEND

a0022655_856456.jpg


24日に行ってきました。
レインボーホール、もとい、日本ガイシホールです。
QRコードなので、座席指定券と引換してからビックリしました!!
a0022655_11211622.jpg


26年間ずっと一緒に行っている友人、友人のお子さん(省吾クン!)、そしてお子さんの同級生のお父さんという布陣でした。
a0022655_11224811.jpg


以下が当日のセットリストです。
友人は前日の23日にも行ってたのです。熱い50歳です!!


01.ON THE ROAD

02.この夜に乾杯!

03.HELLO ROCK & ROLL CITY

04.独立記念日

05.反抗期

06.光と影の季節

07.Thank you

08.MONEY

09.風を感じて

10.片想い

11.あれから二人

12.PAIN

13.BLOOD LINE(instrumental)

14.我が心のマリア(instrumental)

15.MY HOMETOWN

16.裸の王達

17.詩人の鐘

18.THEME OF FATHER'S SON

19.RISING SUN

20.J.BOY

21.僕と彼女と週末に

22.愛の世代の前に

< Encore.1 >

23.ラストショー

24.モノクロームの虹

25.君がいるところがMy sweet home

26.I am a father

27.路地裏の少年

28.家路

< Encore.2 >

29.日はまた昇る

< Encore.3 >

30.君が人生の時…



6月に続き、今回2回めの参戦でした。
うーー、ちゃんとセットリストアップされていた方がいらっしゃって助かりました!
[PR]
by takas1961 | 2011-09-25 23:46 | MUSIC | Comments(0)


a0022655_2218264.jpg
出ますよ、しかもユーミン!!
さすがにHD-DVDでは出ないですね。当然と言えば、当然!

「SHANGRILA」シリーズ史上最高傑作と称されるショーの臨場感を100%伝える、高画質(ハイビジョン映像)&高音質(24bit/48khz)の【Blu-ray Disc/ブルーレイディスク】でもリリースされます。

Blu-ray Disc/ブルーレイディスク
■ 2008年3月5日(通常版DVDと同時)発売
■TOXF-5566(2枚組) ■\6,800(tax in)
■リニアPCM 5.1chサラウンド / リニアPCM STEREO (DISC-1=ライヴ本編のみ24bit/48khz)
■オールカラ-52Pブックレット
■DISC-1=ライヴ本編(約128分)*ブルーレイディスク
DISC-2=特典映像(約107分)*通常DVD仕様になります
*収録内容、ブックレットの仕様は、通常版DVDと同内容になります

DISC-01:ライヴ本編(約128分)
01. ―オープニング ―
02. グレイス・スリックの肖像
03. Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生
04. ようこそ輝く時間へ
05. ハルジョオン・ヒメジョオン
06. インカの花嫁
07. ―情熱の記憶― 
08. 朝陽の中で微笑んで
09. 時のないホテル
10. BABYLON
11. 12階のこいびと
12. 別れのビギン
13. Delphine
14. Northern Lights
15. 時はかげろう
16. SAVE OUR SHIP
17. SHANGRILAをめざせ
18. ―イルカたちの残像―
19. 真夏の夜の夢 
20. 人魚姫の夢
21. Carry on
22. ―Au Nom de la Rose―

DISC-02:特典映像(約107分)
●HISTORY OF SHANGRILA
 *SHANGRILAの歴史を振り返るドキュメンタリー映像
●CREW OF SHANGRILAIII-全キャスト紹介-
 *出演者/バンドメンバーのインタビュー&オフショット映像で構成
●TOUR OF SHANGRILAIII
 *「SHANGRILAIII」最終公演の模様を中心に収録した映像 + 裏特典映像


ワイモードもヨロシク
[PR]
by takas1961 | 2008-01-23 22:18 | MUSIC | Comments(0)

Do It Well by Jennifer Lopez

a0022655_14381186.jpg

ジェニファー・ロペスの公式サイトを見ると、まるっとニューシングルの「Do It Well」が聞けます。
ノリの良いダンスチューンです。
ニューアルバム「Brave」からのシングルカットとなっていますが、日本じゃ配信のみのようです。10月5日発売です。

実はキャッシュにswfファイルが残るので、このファイルの中からmp3ファイルを抽出してしまえば、カンタンにiPodなんかでも楽しめます。ぜひお試しあれ!

「ウェディング宣言」は以前に「MONSTER IN LAW」というタイトルで紹介しました。上質のコメディです。ジェーン・フォンダの若さにびっくりしまっせ!

ラッセ・ハルストレム監督作品の「アンフィニッシュ・ライフ」はロバート・レッドフォード、モーガン・フリーマン共演の力作です。
両方ともDVDスルーであることが悔やまれます。

もちろん両方ともDVD即効買いしています。

ダンナのマーク・アンソニーとともにワールドツアーを発表した彼女の来日コンサートに強く期待しています。
[PR]
by takas1961 | 2007-08-19 14:38 | MUSIC | Comments(0)

a0022655_7523783.jpg

イギリスでは新聞のオマケとして添付されたりしているお騒がせプリンスのニューアルバムのPLANET EARTHがまもなく国内発売開始!
しかし、かの国というかプリ様は太っ腹ですねぇ。アルバム丸ごと試聴できるのです。ただし、ノンストップ、曲間の切れ目はありません。
ぜひ、こちらから楽しんでみてくださいませ。
LISTENの部分をポチっと押せばめくるめく45分間の旅の始まりです。
[PR]
by takas1961 | 2007-07-20 07:53 | MUSIC | Comments(4)

ジェニファー新作登場!

a0022655_833228.jpg

ようやく手に入れました、jLoのニューアルバムcomo ama UNA MUJER!
オールスペイン語盤です。
さーて聞き混み開始ーー!!!
映画の彼女とはまた一味違います。前作、個人的には好きだったのですが、セールス的には恵まれなかったようで、今度は原点に立ち戻ってのアーティスティックな仕上がりになっているようです。先行シングルカットのQue Hicisteは先週ダイナでユリちゃんに掛けてもらいました。
ダイナDJブースに寄贈済です。
プロモビデオコチラからどーぞ
リクエストしてね~
[PR]
by takas1961 | 2007-03-28 08:03 | MUSIC | Comments(10)

FOLTE2006地上波初登場!

a0022655_8355077.jpg
2006年9月17日(日)に名古屋センチュリーホールで開催された「Friends of Love The Earth 2006」。

当日、チケット当選して行ってきましたが、スバラシイの一言でした。

YUMINGの呼びかけのもと実現した、平原綾香、ミー・リン(ベトナム)、サンディー・ラム(中国/香港)、イム・ヒョンジュ(韓国)、ディック・リー(シンガポール)ら、アジア各国のトップアーティストによる夢のコラボレーションがNHK地上波でオンエアされます。

このライブの模様は昨年末にNHK-BS2でも放送されましたが、今回はベトナムで撮影した映像が新たに追加されているそうです。

2月25日(日)NHK総合 16:30~18:00

みなさん、お見逃しなく!!
[PR]
by takas1961 | 2007-02-23 08:16 | MUSIC | Comments(0)


a0022655_194470.jpg
「冷たい雨」はサンディひとりで歌いました。この曲が終わると、「雨のステーション」です。ミン・リーのダイナマイトボイスに聞き惚れました。
ここで、ユーミンようやく衣装チェンジです。
「Sign of the Time」を力強く歌ってくれました。

「打麦歌」を歌いながら登場したのが、シュエリエンです。

「Now is On」の途中から舞台がせり上がって、MCスナイパーとFAR EAST RHYMERSの登場です。

「KNockin' at the Door」はラップです。さすがに配信中の曲とは違い、ユーミンは少々つらそうでした。

「Jupiter」で平原綾香の登場です。途中から、イム君が加わって、壮絶なバトルと化しました。日韓の真の交流と言えましょう。


「Color of The Moon」は今年のFOLTEのメインとも言える曲ですが、CD発売予定は無いそうです。配信中の曲とは違い、4人のディーバ(ユーミン、平原綾香、サンディ・ラム、ミー・リン)にイム君が加わってのスペシャルバージョンです。

メンバー紹介が行われたのは、アンコールの最初に登場したディック・リーによってです。
ドラム、パーカッション、ギターを除いてはいつものユーミンバンドです。コーラスの3人も既にお馴染みの面々です。
「Carry On」の英語バージョンを切々とディック・リーが弾き語りで堪能させてくれました。

去年の参加メンバーの4人の「Smile again」は愛知万博閉会時と同じで感動を呼び覚ましてくれました。ユーミンは遠目でもわかる高そうな着物を着ていました。

「春よ、来い」を全員で歌い、大団円を迎えました。途中で4カ国の国歌がメドレー調で入れられました。なかなかいい試みです。


次回は、やはり中国の万博開催時でしょうか。
なんとしてでも行ってみたいものです。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-18 00:28 | MUSIC | Comments(0)

a0022655_1332822.jpg
エディソン・チャンが香港の町並みを歩くビデオ映像にかぶさって、「WAKE UP」です。
そう、映画「インファナル・アフェア」シリーズのあの彼です!

現在配信のみで聞くことができますが、違うバージョンに仕上がっています。
で、これに続いて、ユーミンがステージに登場して、「空と海の輝きに向けて」を歌いました。会場内はこれでユーミンワールドに一挙に突入です。この曲は、「WAKE UP」のサンプリング素材なので、当然の成り行きのオープニングだったのではないでしょうか。

続いて、「さざ波」です。名盤「14番目の月」からの一曲です。しんみりしたところで、続いては、
「最後の嘘」です。テル荒井の曲(?)とも一部では言われていました。この曲の途中から、ディック・リーが登場して、英語バージョンで歌いました。で、MCに続いて、なんとユーミンとディック・リーのまだタイトル未定のデュエット曲です。日本語翻訳歌詞はユーミンです。次回のアルバムに入るのでしょうか?

中央にせり上がって来たグランドピアノにユーミンが座って「春よ来い」を歌い始めると、なんとサプライズゲストの登場です。今回、登場が事前告知されていなかったイム・ヒョンジュの登場です。ユーミンお気に入りの彼です。最初はユーミンの弾き語りだったのですが、イム君登場からは、ユーミン伴奏のイム君の独唱になりました。
この曲が終わったら、イム君の「初恋」という曲をピアノ伴奏が松本氏に変わって披露されました。とても良い曲で、イム君の歌唱力を堪能できました。

続いて、ふたたびユーミンがグランドピアノ前に座って、次のゲストの紹介でした。
aminです。彼女も去年に続いて2回目の出演です。
「卒業写真」を北京語バージョンで歌いました。CMで流れているあの歌、あの声です。
aminは日本語堪能なので、去年の大晦日の中国からの生中継のときのマル秘エピソードをユーミンと共に聴かせてくれました。

aminと入れ代わって、二胡奏者のシェイ・クーの登場です。
「スラバヤ通りの妹へ」でのバックでの写真は去年のものと違います。
これって、レスリー・キーの撮影したものじゃないでしょうか?
そしてそして、いつもとチョッとだけアレンジが変わった「満月のフォーチュン」です。シェイ・クーの二胡の音色が多大な影響を与えていたのです。

続いて、マンタ作曲の「HONG KONG NIGHT SIGHT」です。アジアンテイストで押し進んでいたことがお分かりですよね?
途中からサンディ・ラムが加わって、広東語バージョンになりました。雰囲気はバッチリ合っていましたね。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-18 00:17 | MUSIC | Comments(0)

a0022655_23581199.jpg

行ってきました、名古屋センチュリーホール!
出発直前にゴタゴタしていたので、到着したのは開演30分前でした。
既に会場前は長蛇の列です。
a0022655_024691.jpg
こんな状況なので、開演時間にすべての人が入場できるわけがありません。
我々は開演10分ぐらい前に中に入ることができました。
グッズ売場も長蛇で、既に欲しかった黒いTシャツのMサイズ(までしかない!)は完売、代わりにピンク色・・・を買いました。
他の販売品はモリゾウキッコログッズ、本日の出演者のCDなどです。

結局、開始時間は19時20分を少し過ぎたころでした。
場内センターの大型スクリーンの左側にユーミン、右側に東京にいる藤原ヒロシが登場です。
これは生中継で、ユーミンは当然楽屋からの画像です。
藤原氏も今回のイベントに絡んでいるのですが、どうしても会場に行く都合がつかない、ということで少々トーク。一緒に組んだ、エディソンの話しになり、まずは導入部スタートです。
[PR]
by takas1961 | 2006-09-17 23:55 | MUSIC | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30