夏スキーin乗鞍 前編

a0022655_20202380.jpg

実に7年ぶりの乗鞍での夏スキーです。
ということは、このブログで取り上げるのも初ということです。

思えば、乗鞍スカイラインが無料化されると同時にマイカー規制が始まって、自力で畳平まで行けなくなったのが悪夢の始まりでしたね。長野県知事時代の田中康夫氏の唯一の功罪だと思っています。

まあ、そもそもの発端はダイナの常連を煽っていたためですが、そのために休みの日程を空けたとか、もうどんどん外堀を埋められていったのです。

バス乗って行くのは面倒だとは思いながら、情報を探してみると、素晴らしいサイトに行き着きました。
それが、乗鞍大雪渓 Web Siteです。

ここで現在の状況はカンタンに掴めることがわかったので、あとは週間天気予報を気にするだけです。
20数年前から7年前まで通いつめた乗鞍のこと、なんとかなるというキモチでスケジュールを組みました。

以前と違って、現地までの交通の便は格段に良くなっています。そりゃそーです。高山までは高速で、しかもETC割引で1000円で行けちゃうんですから。
時間的にも楽、つまりカラダにやさしいということです。
同行のふたりはダイナの常連さんなんですが、同じ岐阜でもかなり西の方にお住まいなので、ふたり乗り合わせて、ワタシの自宅まで来てもらいました。ほぼ4時に出発してきてもらって、我が家に到着したのは4時40分頃でした。あとは、荷物を積み替えて、だいたい5時には出発できました。
高山までは高速使えばあっと言う間で6時20分には高速下りていました。
シャトルバスの出発場所のほおのき平スキー場には6時50分に到着しました。
a0022655_2092148.jpg

バスの出発時間は7時20分、さくさくと準備をして、さあ出発です。

ちなみに、今回のメンバーのひとりは嫁入り前の娘さんです。どなたか良い人いないでしょーか?
大酒飲み(アサヒビール専門!)の年間スキー滑走日数48日ですけど、如何でしょー。
a0022655_20104254.jpg

まあ、そんなこんなで、畳平駐車場に到着したころには霧も晴れかかっていました。
準備をして、とっとと自力で登ることにしました。
肩の小屋口前まで別のバスに乗れば移動はできるのですが、どうせ斜面登らないといけないので、ここらで経験者としては、新参者のふたりの出鼻をくじいてやろう! なんて感じでしたけど、最初に根を上げかけたのは実はこのワタシでした。
a0022655_2014015.jpg
いちおう年齢差こそあれ、3人には共通する事項があります。
そう、肩の脱臼クセがついているスキーヤー、ということです。誰が呼んだか、脱臼トリオなのです。
[PR]
Commented by ロッキー at 2009-07-09 12:30 x
すんません。ご紹介頂いてましたね、失礼しました。
Commented by takas1961 at 2009-07-09 12:42
汚い雪ですが、雪には違いなく、この時期に雪上に立てて、実際に滑ったということで満足しました。
梅雨のこの時期でかろうじて雨にたたられなかったのはラッキーでした。
Commented by jalanjalan at 2009-07-21 19:09 x
ホントこの小娘、どうにかしてください!
嫁にでも行ったら、少しは落ち着くんでしょうか?
っていう私も、ちっとも落ち着けてないっ・・・

Commented by takas1961 at 2009-07-22 08:04
ムコ殿探しに協力はしてるんですけどねぇ。

なかなか希望どおりにはならないみたいです。
どなたか、スキーがうまい、もしくはスキーに理解のある30~40前半までの押しの強い独身男性いませんか?
委細面談いたします。
って、ワタシャ保護者かぁ?

Commented by jalanjalan at 2009-07-22 12:17 x
「だめんず募集!」
でいいんじゃない?
Commented by takas1961 at 2009-07-23 07:16
花火やBBQ、誘ってあげてくださいませ。
ひとりじゃできないそうなんで。
by takas1961 | 2009-07-07 08:31 | Comments(6)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31