ワーナーブルーレイソフトが今なら超オトク!

ワーナーブルーレイ今だけバーゲン特価!日本のアマゾンで開催中です。

ちょっと前までは期限が切られていなかったはずなのですが、気がついたら7月24日までになっていました。
ラインナップも少し減ってしまったようです。ダークナイトもここには含まれていたのですが、ちょっと高くなっています。

ここでは定価4980円のソフトが46%ないしは47%オフになっています。
つまり2700円以下で購入できるということです。
ワーナーは初期のブルーレイの販売価格は3980円だったので、実質的には30%オフといったところでしょうか。ハリウッド・プライスの定義がわからなくなっています。

輸入盤でも日本語字幕付きとして知られている「アマデウス ディレクターズカット」や「Vフォー・ヴェンデッタ」、「バットマン ビギンズ」、「白いドレスの女」、「ショーシャンクの空に」なども含まれています。

送料、時間などを考えると1枚だけ買うなら、こちらの方がオトクというぐらいの価格になっています。

この中で特にオススメしたいのは、スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版です。

a0022655_8273990.jpg


ジャケットに表記してある、あなたは本当の「スーパーマンII」をまだ知らない、が泣かせます。
でもデザイン的には無い方がよかったと思いますけどね。

スーパーマンIIは元々は1作目のスーパーマン と同時撮影されていたのです。しかし、出演者のジョー・エル役のマーロン・ブランドのギャラに関する問題、製作者と監督との衝突といった障壁により、大半のシーンが1作目の監督のリチャード・ドナーにより撮影されていたにも関わらず、ボツとなってしまった作品です。
結局、作品として仕上げられることはなく、もともと製作者と仲がよかったリチャード・レスター監督の手によって一部再撮影をして劇場公開版として完成したのです。
レスター版も確かに優れた作品には違いありませんでしたが、この約30年、エンディング(いわゆる魔法のキス)や途中の不自然なシーンには少なからず当時からギモンを持っていました。
あっ、当時はワタシだって高校生でしたけどね、エッフェル塔の水爆シーンは腕時計で時間を計ってしまうぐらいのウブな?

それが払拭されたのがこの作品です。以前にはスーパーマン アルティメット・コレクターズ・エディションというボックスのみで販売されていたのですが、ブルーレイで晴れて単独作品として登場したのです。

イギリスのパインウッドスタジオを始めとしてあちこちに散逸していたフィルムを集めて、レストアしてそれを1本の作品としてまとめ直すには大変な時間と努力がありました。それについては特典映像にも詳しく取り上げられています。
1作目の流れを変えずに、真実の続編をブルーレイで楽しめる日が来るとは長生きするものです!
3や4はとりあえず無かったことにしましょう。


他にも「燃えよドラゴン」、「巴里のアメリカ人」といった不朽の名作や、もうすぐ発売されるウォッチメンの監督の大ヒット作の「300 〈スリーハンドレッド)」や、毎度お馴染みの「ブレードランナー 」なども含まれています。この際、オトクにオトナ買いしちゃいませんか?
ワタシは既に持っていますけど。
[PR]
by takas1961 | 2009-07-04 09:04 | DVD/LD/BD | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30