大いなる力には大いなる責任が伴う

a0022655_84153.jpg日曜日、2回目行ってきました。

ベイシティの4番スクリーンはかつては日本最大級のスクリーン面積を誇っていました。
SDDS+THXという願ってもない上映環境です。

が、しかし、ともかく、ちゃんと鳴らして欲しいものです。以前と比べると、音量も絞り気味、画面も暗めに感じています。THXの旗上げてて、これじゃツライです。
最近の稲沢1番もそうですが、もてるチカラを出し切って欲しいものです。それこそ、大いなるチカラには・・・じゃないでしょうか。ソレに期待して、片道1時間30分かけて行ってるわけですし。


さて、1回目と違う楽しみ方をするのが2回目以降の新たなタノシミなわけで、
今回はカミサン抜きでひとりでゆったりと観てきました。
vitでは座席はブロック指定しかできないので、チケットカウンタで座席番号を直接指定しました。ポイント溜まってるんで使うこともできたのですが、SONY系のサイトで頂いたチケットがあったので、それを使いました。

オープニングは、最初に2を観てから、自宅で再度DVDで1を鑑賞したあとだったのでより楽しめましたね。パンフでの事前予備知識を溜めてあったのも勝因でしょう。
そんなにアメコミの世界に詳しいわけじゃないので、スキマを埋めるためにもパンフや映画雑誌の知識はあったに越したことはないですね。

常連ブルース・キャンベルがけっこう美味しい役で出てたり、監督の弟(似てる!)まで出ているってのは、いつものサム・ライミ作品って感じですね。

何が前作とイチバン変わったか、というと、CGのスパイダーマンその人でしょう。
動き自体がアニメっぽかった前作とは違い、とても自然かつダイナミックな動きを堪能できました。

MJとの生活が3で描かれるのでしょうが、2、3年先がとてもタノシミです。
[PR]
Commented by konomi0206 at 2004-07-15 10:05
さっそく二回目?フットワークいいですね。
でも、それほどに魅力のある映画ってことですね。
これだけは、何をおいても行かなくちゃ。

例のビデオみました。
「ある日どこかで」
根強いファンのHPがありました。
恋に純粋な年齢は過ぎてしまった私を感じました。


「時計じかけのオレンジ」
ぜんぜん、古さを感じない映画で驚きました。
ちょっと、ビックリ!
Commented by takas1961 at 2004-07-15 10:13
先行上映で観る映画ってのは、そもそも上映前から期待しているわけで、冷静に観られないことが多いのです。
で、あまり間をおかずに2回目を観ることにしています。

ただし、視聴環境は前と同等以上のところを選ぶようにします。

シネコンじゃなかったら、続けて何回か観るんですけどね。
シネコンじゃなくても、最近は入れ替え制なので困ります。

スパイダーマンじゃなく、今から20年以上前のスーパーマンのときは、朝いちの回から最終上映時間まで観ていたものです。
食事は、コーラのみ。食欲満たすと集中力落ちるんですよね、眠くなることもあるし。



「ある日どこかで」と「時計じかけのオレンジ」を観ていただけたようで、とてもカンゲキしてます。これらは隠れた名作ではありませんが、日の当たってない作品をこれからも紹介させていただきます。今はdvd買うこともレンタルすることもできるので、好きな作品はなんとかして視聴できますよね。良い時代になりました。
by takas1961 | 2004-07-15 08:29 | TOHOシネマズ | Comments(2)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31