「ほっ」と。キャンペーン

ジェニファー コネリー

a0022655_10514.jpg彼女に最初に出会ったのは、たしか有楽町のマリオンの「日本劇場」のこけら落としのときだったはずです。映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の中に出てきた彼女の美少女っぷりは今や伝説となっています。セルジオ・レオーネの遺作となったこの作品、どんな経緯で子役として彼女が出演したかまでは知りませんが。

大きくなった彼女がエリザベス・マクガバンになるなんてのは考えられませんでした。



その次に観た「ラビリンス~魔王の迷宮」でも彼女は美少女ぶり全開でした。


順番が逆になったかもしれませんが、そんな彼女が出演している「レクイエム・フォー・ドリーム」をdvdで鑑賞しました。以前買った未開封モノの1枚です。
事実、エリザベス・マクガバンにはなっていませんでした(当たり前)。

それ以前に見たのは、ラッシー、ことラッセル・クロウ主演の「ビューティフルマインド」でした。彼女はこの映画とポール・ベタニーと出会って、結婚したそうです。
ダークシティ」もよかったですね。
あっ、ハルクもあったんだぁ

で、映画「レクイエム・・・」の中の彼女は見事なヨゴレっぷりでした。偶然にも映画の中での役名はマリオン!
なんとあんなこともこんなこともやっちゃっています。

彼女の人生イロイロあったようで、婚約破棄だとか役に恵まれなかったとか、そんなハナシしか聞こえて来なかったのですが、その彼女の体当たり演技は公開当時にも一部の雑誌(例:映画秘宝、CUTなど)で話題になっていましたが、残念ながら、公開当時は観る機会には恵まれなかったのです。

映画見ての感想は、一言でいうと、エレン・バースティンの壊れかたが怖すぎて、ヨコレ役のジェニファーですら、美しく見えた、ということです。

なんだか、時計じかけのオレンジっぽいシーンがあると思ったら、監督が影響を受けた作品の1本だそうです。

監督であるダーレン・アロノフスキーの新作はバットマンシリーズだそーですが、適度に期待して待っていたいと思います。
そういえば、パイも見てなかった・・・

US盤のジャケットの方がイカしてます。
ディレクターズカットとの表記がありますが、日本公開版はもともとディレクターズカットだったらしいですな
[PR]
Commented by konomi0206 at 2004-07-09 12:20
よく聞く題名「時計じかけのオレンジ」
この映画、耳にする割には観たことないんです。
「ブリキの太鼓」ってのも。

まさか、映画評論家じゃ、ないですよね?(笑)
たくさん、ご存知だから。
Commented by takas1961 at 2004-07-09 17:44
スタンリー・キューブリック作品の中でも、かなり異彩を放つ作品です。DVDでも出ています。今なら1575円(税込み)のはずです。持っていても損はありません。ぜひ!
ダース・ベーダーやってたデビット・プラウズも素顔で出てたりします。
西ドイツ映画の「ブリキの太鼓」は残念ながら見てません。公開当時大学生で、イチバン映画観てた時期なんですが、なぜか見逃しています。DVDは安くないですが、出ているはずです。
Commented by takas1961 at 2004-07-10 08:51
映画評論家ではありません。いつも自腹で映画観てます。
平日の夜はせっせとレイトショーに通って1000円で鑑賞して、ポイントカードで6本観ると1本無料なんで、無料招待券で土曜や日曜には昼間から映画を観ます。
月曜日の祝日なんぞは、メンズデーやってる映画館で1000円でハシゴしてきます。そんなこんなで映画三昧の日々を送っているヤツでございます。
Commented by coolkoro at 2004-09-12 11:03
はじめまして。
J.コネリーつながりということで、こちらにTBさせていただきました。
Commented by takas1961 at 2004-09-12 17:23
わー、たぶん初のトラックバックだと思います。
ありがとうございます。
ジェニファー・コネリーといえば、新作の「ダーク・ウォーター」がタノシミです。劇場で既にチラシが配布されていますね。
by takas1961 | 2004-07-09 10:06 | DVD/LD/BD | Comments(5)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28