自宅でモール・ラッツ

昨日は仕事からまっすぐ自宅へ帰ってきて、いつもどおりヴォイジャーを1本観てから、以前に買ってきて未開封だった、DVDで映画「モール・ラッツ」を鑑賞しました。
これって劇場未公開だったんですね、日本では。

会社の近くの新星堂で、2枚で税込み2980円(ぐらい)でのキャンペーンをやってたときに買ってきた1枚です。


ケヴィン・スミス監督&助演(?)の作品ですが、好きキライが分かれるでしょうね。

ショッピングモールをウロウロするイマイチ冴えない男ふたりと、それを取り巻く友人知人の物語、といえば良いのでしょうか。

3D絵画ネタ、アメコミおたく話、(一部で)お馴染みのジェイ&サイレントボブなど、それなりに見どころはあります。その他にも小ネタ満載ですが、いかんせん英語力が付いてこないので、会話の妙を完全には楽しめません。ウディ・アレンやタランティーノ映画に通じますね、このあたりは。いっそ日本語吹き替えで、英語字幕で観た方が良いかもしれません。

輸入盤は映像特典満載なのですが、会話が重要なポイントであるんで、手が出せません。チェイシングエイミーは日本ではdvd出てない模様。

a0022655_103140.jpg


それにしても、字幕なんとかして欲しいものです。
だんまりボブだなんて、あんまりです。
昨今ハヤリの字幕監修、誰か付けてほしかったものです。
ジェイ&サイレントボブは、なぜかスクリーム3にも出ているので要チェックです。


輸入盤と日本盤のジャケットから受ける印象は、まるで別の映画のようです。
どちらがお好きでしょうか?

アメコミテイストを活かした輸入盤に、私は1票を投じます。
[PR]
by takas1961 | 2004-07-03 10:20 | DVD/LD/BD | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31