ようやくセカチュー観ました!

a0022655_82729.jpg今日からテレビ版が始まるからってわけではなく、ずっと先送りにしてた
「世界の中心で愛を叫ぶ」の映画を観てきました。
木曽川だとamcと違って確実にSRD上映です。

それにしても、セカチューなんて呼び方、ダレが考えたのでしょうか?
なんだかピカチューの親戚?って最初思ったぐらいでしたから

原作本を読んだわけでもありません。何せ、ベストセラー本になった瞬間に、
手に取って買うことができないニンゲンなんで。
まあ、予告と主題歌に引かれたっていうのがホントなんですけど。


長澤まさみ、惚れ直しました!
ちなみに、私のハニーは竹内結子なんですけど、まさみちゃんの映画も
知らないうちにけっこう観ていたことに気づきました。

結子と共演の「黄泉がえり」や、「阿修羅の如く」、「深呼吸の必要」、そしてそして
「ロボコン」!、けっこう劇場で観ていました。等身大の女子高生(イマドキじゃない)を演じさせるとピカイチですね。さすがホンモノの女子高生!
彼女が東宝シンデレラガール出身と知ったのはつい 最近です。


「ロボコン」のだるい表情で登場する冒頭のシーンはとても好感が持てました。


まあ、世代的に1986年ってけっこう記憶に響く歳なんですけど、ウォークマンIIが86年ってのはいけません。ありゃ80年ですよ、6年のズレはイタイ。なんていってると、今朝の新聞にはウォークマン誕生25周年の記事が!
これぞ、シンクロニシティ?

柴咲コウの子役の子にちゃんと柴咲ホクロ(2コ)があったり、山崎努がヤバイことしてたという証の腕の入れ墨、すれ違うクルマはちゃんとその年代のワンダーシビックだったりと凝ってはいたのですが、駐車場に停まっているクルマが新型のオデッセイだったり、ガソリンスタンドが昭和シェルだったり、まあ、アラ探しちゃいけないと分かってはいながら、探してた自分がちょっと悲しいです。

高校生役の森山未来(ウォーターボーイズのテレビ版で好演でしたネ)の成人した姿が大沢たかお、ってのはキャスティングの勝利でしたね。

オデッセイはともかく、さっきちょこっとググッてみたら、昭和シェル石油が誕生したのは、1985年だったので、私の勘違いだと判明しましたが。

肝心の映画の内容、映像はとてもキレイでしたが、できてまだ2週間のクセに劇場の音響トラブルで最初のstompのドルビーデジタルトレーラーから最後までず~っとコモリ気味のアナログ音声で聞かされたのは興ざめでした。

そんなこんなで、まあ、なんだかなぁと

行定作品としては、「きょうのできごと」やテレビ版の「濱マイク」の1本が好きな私としては、なんだかしっくりこなかったです。

おっとぉ、原作本の帯に柴咲コウのコメントが!
彼女にはぜひキルビルに出て欲しかったです。
今度のvol3にGOGOの姉妹としての登場に期待大です。
[PR]
Commented by konomi0206 at 2004-07-02 23:56
話題になると過度の期待が生まれますよね。
私のまわりでは、原作も映画も期待はずれだという声がチラホラ。
泣ける映画だそうですが、
泣けなくてもほのぼのできれば、観たかいがありますよね。
私は、たぶん半年後くらいのテレビになりそうです。

Commented by takas1961 at 2004-07-03 07:54
結局、テレビシリーズは観ませんでした。
原作は読んでみたい気がします。
でも、ハードカバーの本ってなかなか一冊読む時間が捻出できないんですね。映画観る時間はあるんだけど
by takas1961 | 2004-07-02 08:28 | TOHOシネマズ | Comments(2)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30