「ほっ」と。キャンペーン

若大将ボックス到着

a0022655_893594.jpg

6月24日発売の若大将ボックス、ようやく到着しました。
某特価通販サイトに3カ月も前から予約していたのに、入手不可ということで、勝手にキャンセルされてしまいました。値引きが大きくても、ココは二度と使わない決意をいたしました。

初回限定ということだったので、イロイロ探した結果、ディスクステーションさんで取り扱い可能、ということでしたので注文後、約10日で入荷した、という次第です。
どこが初回限定なんでしょうか、この点が流通のナゾです。

「アルプスの若大将」と「エレキの若大将」はレーザーディスクでも持っていますが、映像特典、ボーナスディスク、そして、出演関係者のオーディオコメンタリーという豪華内容の前に屈して購入してしまったわけですが、購入は大正解でした。

早速、「アルプスの若大将」を4chステレオにて鑑賞しました。
告知ではモノラルだけ、ということだったのですが、LDにはちゃんとサラウンド収録されていたので、ほんの少しだけ期待していました。当時の4CHステレオは磁気収録だったはずですが、マスターテープが残っているんですねぇ、感心感心!

LDよりも色乗りがちょっと薄い感じがしましたが、画質は上々、日本語字幕を出しながら観ると新たな発見続出です。

若大将のおおらかさ、青大将の妙に今風のたたずまい、スミちゃんの相変わらずの身勝手さは何度観ても楽しいものです。飯田蝶子さんの日本のおばあちゃんを代表する演技ももちろん堪能できます。
この時代にスイスやオーストリアに海外ロケするのってスゴイですよね、今考えても。

当時4歳で劇場での初見の時の記憶はほとんどありませんが、今の年齢になっても楽しめるのはこのシリーズにしかない魅力があるんでしょうね。

同時公開されていたたクレージーキャッツの映画にはほとんど思い入れが無いのですが。

「エレキの若大将」を始めとして、そのほかのディスクはすべてモノラルですが、「エレキ・・」はどっかにオリジナル音源が残っていないでしょうかねぇ。残念!
まだまだ当分楽しめるはずです。
というか、今晩は同じ作品を豪華オーディオコメンタリーで楽しみたいと思います。
各ディスク毎にコメンタリーをつけている人が違うというのは、また格別のタノシミでもあります。
若林映子さんや、中真千子さん、星さんたちといった多彩な顔ぶれです。
ファン代表として、ホイチョイプロの馬場康夫氏の起用はかなり嬉しいです!
[PR]
Commented by Yappy at 2005-07-14 21:28 x
I-podの件、大変参考になります。とりあえずトランスミッターにてチャレンジしてみます。紹介していただいたHp拝見しました。volvoの純正オーディオに対応するものってあるのでしょうか?
ネットで検索してみよっと!
Commented by sevi_y at 2005-07-15 06:47
こんにちは~。
若大将もおもしろですよね~。DVD欲しくなっちゃいましたぁ。

ところで、ムービーバトンなるものが回ってきたのですが、映画ときたらtakas1961さんに回さねば!ってことでやって参りました。どうかバトンを受け取ってください。よろしくお願いします。
Commented by takas1961 at 2005-07-15 08:43
Yappyさん、我が家のトゥーランへの取り付けの模様は近日アップします。参考になるかどうかわかりませんが、また観てくださいね。

ice link plusはボルボ純正対応はまだ出てない模様ですね。

Commented by takas1961 at 2005-07-15 08:46
なんと10月28日に「若大将キャンパス」と銘打ったdvdボックスの第二弾まで出ちゃいます!
ヴォイジャーDVDボックス完結したと思ったら、これは・・・・
引き続き、購入予定です。
Commented by konomi0206 at 2005-07-18 21:43
お決まりの話でありながら楽しい映画ですね。
今の田中邦衛とならぜんぜん違う青大将が大好きです。
Commented by falcon@R32 at 2005-07-20 11:45 x
某特価通販サイトに発売2日前に頼んだんですが、在庫切れとかでつい最近入手できました。若大将シリーズは子供の時と学生の時と2回見ていますが、やっぱりいいですね。年がばれる??
オーディオコメンタリも聞かなくちゃ、ん見なきゃか....
Commented by takas1961 at 2005-07-21 07:11
kokonomiさん、若大将シリーズの最大の特徴は偉大なるワンパターンですが、ところどころヒネリが加えてあるところではないでしょうか。若大将の実家の場所や若大将の部活、澄ちゃんの名字と仕事が毎回違うとかですね。
しかも若大将と澄ちゃんは毎回初めて出会う設定なのです。
青大将のポジションも当初はライバル、だったはずですが、途中から手のかかる親友になっていますね。
「私をスキーにつれてって」や、フジテレビ系列の「月9」ドラマはかなりテイストが意識的に似ているものに作られているのは、作っている人自身が認めています。
Commented by takas1961 at 2005-07-21 07:15
falconさん、お久しぶりです。
ワタシも初上映時にちゃんと何本かは観ているニンゲンです。
ゴジラの「シェー」と青大将の「シェー」をしっかり覚えてたりするんですよ!

在庫切れになっても結局購入できる「初回限定」とはフシギですね。
なんだか購入意欲にアブラを注ぐ魔法の呪文かもしれません。
waveの店頭で買うとなんと該当作品のポスターがもらえた、ということです。ファンとしては、ココで買うべきだったのかもしれません。
それにしても、高額商品、少しでも安く買いたいものです。
某特価通販サイトとは二度と付き合わないつもりです。
客をなめ過ぎ!
ちなみにあそこは以前は購入決定すると、先にカードから引き落としをするヒドイシステムでした。
by takas1961 | 2005-07-14 08:09 | DVD/LD/BD | Comments(8)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28