高鷲スノーパーク2発目 & 大日岳山頂2発目

a0022655_153356100.jpg
ダイナランドの営業が終わってしまった今、ワタシが行くべき場所は限られています。
で、お隣の高鷲スノーパークに行って参りました。

ここは、元々はダイナランドの会社が計画して、工事を進めていたスキー場です。(地元新聞の情報より)
実際、コースの一部は、元ダイナランドだったりします。
工事中にこっそり滑ったときには、ダイナランドの拡張工事だと思っていて、これなら信州エリアに負けないスキー場として育つとタノシミにしていたのですが・・・

実際、叺(かます)高原スキー場という仮の名前で一部の人に知られていました。
しかし、経営状態悪化により、他のスキー場経営会社に権利譲渡を行ったのですが、この相手が鷲が岳スキー場の経営母体なのです。リフト券共通化も今日まで成されないままで、ワタシも限られたときにしか滑っていません。

15人乗りというトリコロールカラーのゴンドラも実際にはスキー板やボード持って乗車するので、10人乗るのがやっとという状態ですし、途中の緩斜面もツライのです。
山のカタチがワルイとしかいいようが無いでしょうね。

この時期にしては、雪質がけっこうヨカッタので、ちょっと調べてみたら、なんと、ピステンブーリーリノベーター(写真の中で黄色い装置)を取り付けて、雪質を改良しているというではありませんか!
a0022655_15274374.jpg
中国からの黄砂が偏西風に乗ってこの辺りに降るため、ゲレンデの雪は汚くなってしまい、板の滑りが悪くなるので、リノベーターで雪を耕すことにより、キレイを雪の状態を保つというものらしいです。さすがデキる支配人が居るスキー場は違うなと、感心するばかりです。
この支配人さんが、元ダイナランドの支配人さんというところがなんともはや・・・以下自主規制

先週、久々に楽しんだモノスキーは悪雪に比較的強いので、今回もモノスキーを持参してきました。で、モノスキーを3本分程度滑った後に、本日のメインイベントの開始です。
前回、メモリカードを忘れたので頂上付近の写真を撮れなかったことと、雪に埋まっていたオブジェの数々の撮影のため、そしてもちろん人が滑ってない斜面を滑るために、大日が岳の頂上を目指してきました。

ココのゴンドラ終点地点は、ダイナランドのトップであるベータライナーリフト終点のポイントよりも高い場所にあるので、上りの距離は短くて済むというメリットがあります。過去に登ったときでも、1時間強で山頂まで辿り着いた記憶があります。

今回は登頂ルートをいつもと違うルートにしてみました。
ゴンドラ終点付近にある山頂カフェポポロの裏手から登るルートです。
初めて、しかも単独行なので、滑走跡や足跡を辿るのが手堅いので、準備して登り始めました。

マイペースで無理せずに登ったのですが、後ろから、クロスカントリー用の板のシールを貼ったちゃんとした装備の人にどんどん抜かれていきました。もはや体力的な問題だけではないです。来シーズンにはクロカンモデルの導入も真剣に考え始めています。

a0022655_164532.jpg

斜面途中からは、山岳会(?)の人たちが取り付けた赤いリボンで頂上方向へのマーキングがしてありました。

途中からダイナランドからのルートと合流しますが、基本的には登りばかりで、最後のキツイ斜面直前の下りが1本あるだけです。

なんとか1時間強で山頂に到着しました。先客が何名かいらっしゃいました。
ひるがの分水嶺から3時間30分かけて登ってきた夫婦の方とか、同じく高鷲スノーパークから登ってきたボーダーの人たちとか、総勢8名ぐらいいらっしゃいました。
a0022655_16122653.jpg

前回は雪の中に埋もれていた大日如来像も方位盤も雪から顔を出していました。
a0022655_16124645.jpg

記念碑もほぼ全体を露出していました。
思えば、前回のこの記念碑も大日の文字程度しか出てなかったわけですか、かなり雪が減ったということになります。
a0022655_16151117.jpg

1時間かけて登っても、帰りはわずかな時間でした。

帰りにも楽しい出会いがありました。
小犬のハルちゃんです。生後9カ月の黒い犬です。種類はわかりません。
写真撮るのを忘れたのが残念。
ご主人とダイナランドから徒歩(スキーなし)で登ってきてました。

雪質はほどよく柔らかい、いかにも春の雪でした。

また来年!

この日の滑走は2505m、4本でした。
(そりゃそーだ)
ダイナDJステーションで以前プレゼントしてもらった牧歌の里温泉牧華でカラダをほぐしてから、毎度お馴染みコロンバッチョで手打ちパスタを頂いて帰宅しました。
[PR]
Commented by mrs-usa at 2005-04-18 01:57
すごい、すごーい♪
ずっと話には聞いていたけど、私が行けなかった場所ばっかり。
如来様が拝めただけでも幸せなりぃ。
素敵な写真、ありがとうございまーす♪
いや、クロカンでなくとも、ちゃんと制覇してるtakas1961しゃん、すごいと思いますぅ。
よっ、アウトドア男♪
Commented at 2005-04-18 02:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takas1961 at 2005-04-18 08:33
アウトドア野郎ではありません。
夏は映画しか観ないで過ごしているのですよ。
一年中、雪がある生活をいつも夢見ています。
クロカンあると、行動範囲が違ってくるよなぁ、と妄想したりもしているのです。最近は、フツーのアルペン用として普段使えるカカトが上がる特殊なビィンディングってのもある、とクロカンおじさんに聞きました。
ショップ行って聞いてみようかと考えています。
Commented by sevi_y at 2005-04-23 14:26
こんにちは。遊びにきました。きれいな写真ですね。日本のスキー場もいいですよね~。日本の風を感じました。
ところで、横レスですが、その特殊なビンディングを知人が持ってましたよ~。靴もカカト部分をロックしてスキーしたり歩きやすいように曲げるようにできというものでしたし、ストックも延ばして使用というものでした。登り用シールを貼ってラクラク登れるそうです。スノウボウルでも、リフトから先に登っていく人たちが使用してました。(リフトの上もスキー場なんです)夏山スキーもラクラク行けちゃいますね。
Commented by takas1961 at 2005-04-23 15:39
ありがとうございます。門前の小僧なんですが、一向に写真の腕は上がりません。

ベイルあたりと比べると、ホント、箱庭ですからねぇ、日本のゲレンデは。
整備状況もおそまつなところが多いですし。


基本的にはゲレンデスキーヤーなんで、本格的な山スキー用のビンディングではマズいわけです。まだショップには立ち寄っていませんが、
ネットで探しても、コレだというのが見つかりません。
ブーツが通常の固いプラスチック製なので、どうやって歩行ポジションを取るのか詳細は不明です。
Commented at 2005-04-27 09:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jalanjalan at 2007-01-23 17:15 x
やっと発見!ダイナの山頂。
Commented by takas1961 at 2007-01-24 07:44
年に1、2度は登っています。
他にも写真アップしてありますからブログ内を探してみてください。
Commented by jalanjalan at 2007-01-24 14:28 x
はい。がんばって探します。
by takas1961 | 2005-04-16 16:32 | 奥美濃 | Comments(9)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31