THE GIRL NEXT DOOR は超お買い得!

a0022655_16264111.jpg

フォックス70周年記念とかで、dvdが2枚1990円というキャンペーンが開かれています。
あっさり乗ってみました。
「ドラムライン」はあっさり決定、あと1枚は何にしようかと考えた挙げ句、日本未公開の映画を選んでみることにしました。例え外れてもレイトショーよりも安い価格を考えれば、損は無いということで「ガール ネクスト ドア」を選びました。
これが大当たり!!

出演者で知っている人はただひとり。
主人公の少年のお父さん役の人です。
お父さん役は、「ジョニーは戦場へ行った」のティモシー・ボトムズ、ブッシュになんだかソックリで、案の定ブッシュ役をやってたみたいですね。

主役の少年(?)はアメリカのTVタレントとして有名らしい人ですが、初めて見ました。
ジャケット買いかもしれませんが、実質上の主役ともいえるエリシャ・カスバートが結構かわいくてよかったです。
ちょっと調べたら、「ラブ・アクチュアリー」にも出ていたそうですが、どこに出ていたかは皆目検討が着きません。後で調べてみよっと。

隣に偶然越してきたカワイイお姉さんは、なんとポルノ女優!
でも、それを知った時には、既に彼は彼女をことを真剣に愛していた!!
で、彼女が業界を足抜けしたいと知った彼は、自分の奨学金のことは二の次にイロイロな騒動に巻き込まれる、というストーリーです。

なんだか一昔前のイタリア映画っぽく感じるかもしれませんが、私はトム・クルーズ主演の「卒業白書」(このタイトル酷すぎ!)のテイストを持った傑作だと評価します。

ちなみに、オリジナルタイトルは、「Risky Business」、ヤバイ仕事、といったところでしょうね。この映画でトムはアメリカではブレイク、日本では無視されました。

アメリカ公開版とは違う、過激なバージョンのようです。
アメリカ版のジャケットがクール!

映像特典も充実していて、特に主役ふたりのコメンタリー音声の内容が秀逸です。
[PR]
by takas1961 | 2005-04-01 10:53 | DVD/LD/BD | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30