番外編 チャオおんたけ

a0022655_8565571.jpg友人のM、そしてMのお子さま2人とチャオ御岳に行ってきました。
たぶん3年ぶりだと思います。
ココはなんと小学生以下のリフト料金が無料なのです。
私は、どこかで頂いた無料招待券を利用しました。
運転手、クルマはMに任せて、久々助手席スキーヤーとなったのです。

行きは、中央道経由で約3時間で到着、現地でスキーを15時ごろまで楽しみました。
ゴンドラを含め、4つのリフトすべて稼働して、たっぷりの休憩とタップリのスキーを堪能してきました。標高が高く、気温がマイナス13度と低かったこともあり、雪質は大変良好でした。

帰りは、行きと同じ道ではつまらないので、国道41号線経由で帰ると計画、順調に進んでいきました。

鈴蘭高原スキー場方面へ抜けると、飛騨小坂までショートカットできることが判明したので、こちら経由で途中で路線変更。スキー場を過ぎたまでは問題なかったのですが、なんと意味不明な渋滞に巻き込まれてしまいました。
他の人たちの証言、および自分の足で稼いだ情報によると、1キロぐらい先で、ハイエースの事故現場検証のために停車していたパトカーにオデッセイが突っ込んでしまったという事故が発生して、道を塞いでいることが判明したのです。
切り返してUターンもできない情況、観光バスに乗った高校生たちは嬉々として事故現場まで足を運んでいたようです。
Mのこどもたちは任天堂DSやPSPを持ってきていたため充分時間ツブシはできたようです。
諦めモードで待つこと2時間強、ようやく事故現場前を通り過ぎることができました。
途中、飛騨金山温泉ゆったり館と41号沿いのドライブイン飛山によってゆっくりしすぎたので、M宅に着いたのはほぼ22時でした。
皆さん、オツカレサンでした。
[PR]
by takas1961 | 2005-01-31 08:48 | 奥美濃 | Comments(0)

映画とスキーとR32に偏愛する日々を綴っています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30